【第一稿より】理想の『田舎暮らし』実現なら事業承継という方法も

当記事は、《 【難易度/高】理想の『田舎暮らし』実現なら《事業承継・M&A》という方法も 》というタイトルの当記事の現行版(=最新版で第三稿目)の元記事(=第一稿目)の内容の一部を、抜粋したものになります。

  1. 第一稿を公開したのは2019年の4月で、その際のタイトルは以下でした。
    理想の『田舎暮らし』実現なら事業承継という方法も
  2. 第二稿を公開したのは2019年8月で、その際のタイトルは以下でした。
    理想の『田舎暮らし』実現なら《事業承継・M&A》という方法も
  3. (最新の)第三稿を公開したのは2020年の8月で、タイトルは以下になります。
    【難易度/高】理想の『田舎暮らし』実現なら《事業承継・M&A》という方法も

第一稿と第二稿の違いは、“紹介しているサービス提供会社” の違いになります。

具体的には、第一稿で紹介した『 事業承継センター 』を、第二稿では『 Batonz(バトンズ) 』 に変更しました。

そして、最新版現行の第三稿では、『 Batons(バトンズ)』サービスの紹介内容を改訂(トーンダウン化)しつつ、“特定地域に特化した転職エージェント” の活用をおすすめしています。

第一稿から第三稿までの変更過程の詳しい内容は、以下の現行記事(=第三稿記事)を参照ください。

関連記事

当記事のタイトルに、【難易度/高】 の小見出しを加えたのは2020年8月となります。その理由ワケは、おすすめしていたサービスを提供していた会社が、その看板サービス(=個人を対象としたM&Aサービス)を縮小してしまった・・・ […]

【難易度/高】理想の『田舎暮らし』実現なら《事業承継・M&A》という方法も

当記事は、現行の第三稿記事のタイトルに【難易度/高】の小見出しを付け加えた理由がより明瞭になることを企図して、第二稿に改訂をした際に紹介内容を削除していた箇所を再掲載しています。

具体的には、第一稿で紹介した『事業承継センター』の紹介内容部分を抜粋し、再掲載した形になります。

【難易度/高】との理由に興味を抱いた方はぜひ、現行記事(=第三稿記事)と当記事を併読してみてください

「【難易度/高】理想の『田舎暮らし』実現なら《事業承継・M&A》という方法も」記事と当記事の構成比較

以下は、 当記事の現行記事(最新版=第三稿)の【目次】の内容になります。

【目次】 ※当記事の現行記事(最新版)の内容

以下は、 第一稿記事公開当時の【目次】の内容になります。

章ごとのタイトル名の右に、重複 のマークが付いているものは、現行の第三稿に掲載されている内容と同じ内容のものであったことを示しています。

【目次】 ※第一稿記事公開当時の内容

  • 1 『田舎暮らし&仕事の充実度』を望むのであれば、『事業承継』を含めての《転職エージェント》の活用がおすすめ
    • 1.1 地方・田舎での転職における『高スキル人材』に対する3つの障壁  重複
    • 1.2 《転職エージェント》の活用を『おすすめ』する具体的な理由 重複
    • 1.3 《転職エージェント》を『おすすめ』するもう1つの理由
    • 1.4 田舎の中小企業の『後継者不足』問題の実状 重複
  • 2 地方・田舎における『事業承継』。実際に『承継』をした知人の事例のご紹介 重複
    • 2.1 《田舎暮らし》での事業承継の実状:多くは『農業・農家の事業承継』 重複
    • 2.2 『農業・農家の事業承継』の具体的なアプローチ方法の紹介 重複

ご覧いただいている通りで、ほとんどの章の内容が、現行(第三稿)記事と第一稿記事とで重複しています。
逆に、第一稿記事にのみ掲載していた内容は、赤色のアンダーラインがされている章の内容だけであった、ということになります。

そこで!
重複 している部分を除き、第一稿で紹介した『 事業承継センター 』を紹介している内容のみを抜粋し、以下に再掲載をしておきました。

【補足】
第一稿の第一章 《『田舎暮らし&仕事の充実度』を望むのであれば、『事業承継』を含めての《転職エージェント》の活用がおすすめ【》 の内容は、現行記事の第三章 《『田舎暮らし&仕事の充実度』実現化には《転職エージェント》や《小規模M&A》の検討を》 の内容と大部分が重複しています。
2つの内容の違いは、【Batonz(バトンズ)】についての簡単な案内を “しているかいないかのみ” となります。

【再掲載内容】事業承継総合センターのご紹介

以下第一稿にて、『《転職エージェント》を『おすすめ』するもう1つの理由』 とのタイトルの章で掲載していた内容となります。
(今回の再掲載にあたって一部、削除線を入れている箇所もあります。削除線を入れている部分が主に、後に第二稿へと改訂をした理由に当たります)


近年は、従来から多様なサービス&サービス提供会社が存在している求職者側を支援する《転職エージェント》のサービスだけでなく、事業承継の候補者を会社のオーナー社長に紹介するという形のもう1つの『支援サービス』もあります。
具体的には、 以下のサービスがそれにあたります。

『リクルート社の次世代事業開発室』が提供するサービス
【オーナー社長のための事業承継センター



個人的に、このサービスはとても “画期的なおすすめなサービス” なのではないかと、考えています。

画期的なおすすめな点を簡潔にまとめてみますと以下のようなイメージになります。

◆従来は一方向からの情報経路しかなかった・・・

求職者側→《転職エージェント》

◆ 新たなサービスにより “情報経路の双方向化”

求職者側  ⇔ 《転職エージェント》
↑↓
オーナー側 ⇔ 《事業承継総合センター》

(上の “情報経路の双方向化” のイメージは、個人的な推測によるものですが)
サービス提供事業会社側双方での情報の提携が成されれば(成されていれば)、その情報がユーザ側双方にも “フィードバック” される仕組みが構築される(されている)ことが想定できます。

【補足】
《転職エージェント》を活用しての『田舎暮らし・地方移住』の実現化について、参考にまで個人的な経験を補足情報として掲載しておきます。
(実際に地方移住を実現した際の経路は《転職エージェント》ではなかったのですが・・)
《転職エージェント》を通じて、2つの具体的な案件を紹介いただいたことがありました。
1つは、中部地方の地場中堅企業のマネジメント職
1つは、九州地方の中堅企業の役員候補職
※当記事はこうした実際の経験をベースとして 《転職エージェント》の活用をおすすめ させてもらっています。

当記事の最後に

第一稿にて紹介しました 【 事業承継センター 】を、おすすめサービスと考えている点は現在も変わりはありません。

ですが、第二稿に改訂した時点では、【オーナー社長のための】の部分に、問題というか難を感じましたので(そういう立場の人は限られてきてしまうので)、第二稿改訂当時は【あとつぎ革命】のキャッチフレーズを掲げ、《100万円台からの小規模M&A・個人の事業承継》サービスを展開していた【 Batonz(バトンズ) 】に、紹介サービスを変更した次第でした。

ですが・・・
その後割りと直ぐに、【Batonz(バトンズ) 】サイトの中から “あとつぎ革命” のフレーズが消え、《個人の事業承継》色が弱まり、(100万円台よりは高額の)ある程度の金額からの《小規模M&A》を中心とするサービスに方針転向をしてしまっていました。

展開する主要サービス内容が【Batonz(バトンズ) 】も結局、【事業継承総合センター】と同じになったことを踏まえ、現行記事を再び改訂し、最新記事は第三稿目となった次第です。

そのような経緯も含め、当記事と現行記事の両方が、『戦略的に地方・田舎の中小企業の事業承継』を目指そうという方々のお役に立つと幸いです。