理想の『田舎暮らし』実現なら《事業承継・M&A》という方法も

『理想の田舎暮らしと一口にいっても、“子供の養育環境としての自然の豊かさ” を重視する場合や、希薄化している都市部とは異なる “つながり感のある地域社会・コミュニティー” に魅力を感じるケースなど、理想の形は “何を望むか・重視するか” によって変わってくると思います。

当記事では、実際に田舎暮らし・地方移住をしてみてのリアルな現実(体験談)を含めたうえで、『仕事の充実度』という切り口から、『理想の田舎暮らしを実現可能とするための方法をいくつかご案内します。

また、
当記事でご案内する内容を『ライフワークバランス』という観点から喩えてみますと、どちらか一方を重んじるためにもう一方を犠牲にしてバランスを取るという考え方ではなく、
「 “ライフとワークのどちらも充実” の状態を追求したい」という、ちょっと贅沢な(?)バランスのあり方を可能とする方策を、検討した内容となっています。

『田舎暮らし&仕事の充実度』実現化には《転職エージェント》や《小規模M&A》の検討を

『ライフワークバランス』。
その言葉の捉え方を、“ライフ(生活)とワーク(仕事)の理想度のバランスを共に高いレベルで実現したい” という観点に立って考えてみたい場合、
転職エージェント》および、【Batonz(バトンズ)】サイトを活用しての《小規模M&A・事業承継》の検討をおすすめします。

【補足】
【Batonz(バトンズ)】は、中堅・中小企業M&Aの仲介 “国内No.1” の実績を誇る『株式会社日本M&Aセンター (東証一部:2127)』のグループ企業。同グループ内で、《100万円台からの小規模M&A・個人の事業承継》をメインに扱う部門が【Batonz】になります。


「ライフ・生活環境の充足度を高めたい」という気持ちから『田舎暮らし』を検討している方は多いと思いますが、その方々の大半が同じ懸念も抱いているのではないでしょうか?

「田舎・地方には自分が希望するような仕事・自分に適した仕事はあるのだろうか・・・?」 と。

また、
その懸念は現在の自身の仕事に対する満足度が、“高い人” ほど “より高く” なるのではないでしょうか?

《転職エージェント》および、【Batonz(バトンズ)】を利活用しての《小規模M&A・事業承継の検討をおすすめする当項目は、主にそのような方を対象としています。

転職エージェント》ないし、【Batonz(バトンズ)】の活用をおすすめする主な理由としては、地方・田舎においては、高度なスキル・能力が必要とされる仕事の求人が非常に少ないという現実があるからになります。

ここでいう高度なスキル・能力というのは主に、『マネジメント・管理能力』になります。

【補足】
特定の分野のスペシャリスト人材の場合は、基本的に転職先を探す際に勤務先がその当該業務を有する先に限定されてしまうため、田舎暮らし・地方移住全般を扱う当記事の対象からは除外しています。
また、高度プロフェッショナル制度に該当するような人材についても、高給与という条件面も含め、同様に対象外としています。

都市部においても、マネジメント職の求人は他の求人に比べれば量的にかなり少なくはなりますが、それでもコンスタントに一定の求人数があると思います。

一方、田舎(=人口が少ない地域)においては、仕事・会社の絶対数そのものが少ないですので、当然ながらそれに比例してマネジメント・管理という職能の必要性も著しく低下します。

そして、会社数そのものが少ないという絶対数的な問題以上に、ある程度の規模を持つ会社が極端に少ないという質的な問題があるため、マネジメント機能が必要とされるケース自体が非常に稀となる訳です。

加えて、
国際的に低いと問題視されている日本国内の “雇用・人材の流動性” が、地方・田舎においては更に輪をかけて低いという特性があります。
(その背景には、仕事そのものが少ないので一度就いた仕事は余程の事情がない限り、辞められないという実状があるのだと思われます)
そのため、管理職に空きが生じることがない訳です。

他方、地方・田舎においても大手の工場・生産拠点などがあるケースもみられるのですが、それらの職場に関しては当然ながら、“転勤の可能性” というものが出てきますので、『理想の田舎暮らしの実現』という観点からは、そうした職場は選択肢から外さざるを得ません。

ここまでに触れた点については、地方・田舎の実際の転職現場に足を運ばずとも、常識的に考えてみるだけで想像がつく範囲なのかとは思います。

次に、実際に地方・田舎に移住して肌で感じた点を述べたいと思います。

地方・田舎での転職における『高スキル人材』に対する3つの障壁

大きな壁となる現実は主に以下の3点です。

  1. 経営層がそもそも力のある人材(人財)を求めていないケースが多い点
  2. 経営層が人材を求めている場合でも、その対応の経験が不足しているケースがみられる
  3. 後継者や幹部人材獲得のための対応経験に乏しくアプローチが不適切

1)のケースについては例えば、
「ウチの会社にはそんな仕事(職能)は今のところ必要ないんですよ・・」というような対応をされてしまうケースがみられます。

2)のケースについては、
“マネジメント業務” そのものに対する知識や経験を経営層自身が理解していないため・・
業務の推進に支障が出る場合や、管理部門・部署そのものが(なしくずしの結果として)廃止となってしまうケースなどです。
(個人的にもそれに近い対応を受けたことが実際にありました・・・)

3)のケースについては、
そのために後継者が不在となり、廃業を選ばざるを得なかったケースが実際に複数件あることを、地域の事情に詳しい経営支援組織の方から伺ったことがあります。
(その経験談については後の項でも触れています)

2)と3)のケースについては、当該経営層の方が『支援サービス』を活用していれば、経験不足を補うサポートを得て、事態を好転させることが可能であったのではないかと推察できます。

そして、
ここで云う『支援サービス』の1つが、おすすめをしている《転職エージェントになります。

転職エージェント》の活用を『おすすめ』する具体的な理由

ご存知のとおり、
《転職エージェント》の大きな特色の1つには、『非公開求人』という形式の求人があります。

事業承継者候補の募集” については、その内容を公開情報とするのをよしとするか否かは、オーナー社長の考え方次第であると思います。
そのうえで、
一般的に求人を非公開とする場合の大きな理由の1つが「企業戦略上一般公開できない重要求人だから」という点であることを考慮しますと、事業承継者候補の募集は、『非公開求人』とするのが無難」という判断をされるオーナーも多いであろうことが推察されます。

そう考えますと、《転職エージェント》を活用しないというケース(例えばハローワークやエージェント機能を有しない転職サービスの利用のみに留まるケース)は、自ら進んで “機会損失” の危険性を抱えるリスク要因を選ぶ、ということになってしまうのではないでしょうか?

さらに、
《転職エージェント》には、様々な業界・業種に関しての転職事情に精通した “キャリアアドバイザー” がいます。

“転職” という分野は、個人で経験をする件数が限られる分野ですので、個人で知りえる情報量は必然的に限りがあります。
また、業界・業種間の差異の情報に関しては尚更、その範囲は極限られたものにならざるを得ないのではないでしょうか。

その点、専門のキャリアアドバイザーの方は、事情の異なる様々なパターンの事例や多様な業界・業種の情報に日々触れている訳ですので、そのような環境下でしか診(み)えて来ない知識・智恵を掴んでいることと思えます。

私たちユーザ側としては、その知識・智恵を上手に活用させてもらうのが、得策なのではないでしょうか。

【補足】
《転職エージェント》を活用しての『田舎暮らし・地方移住』の実現化について、参考にまで個人的な経験を補足情報として掲載しておきます。
(実際に地方移住を実現した際の経路は《転職エージェント》ではなかったのですが・・)
《転職エージェント》を通じて、2つの具体的な案件を紹介いただいたことがありました。
1つは、中部地方の地場中堅企業のマネジメント職
1つは、九州地方の中堅企業の役員候補職
※当記事はこうした実際の経験をベースとして『《転職エージェント》の活用』をおすすめしています

【Batonz(バトンズ)】=《小規模M&A》をおすすめする理由

近年は、従来から多様なサービス&サービス提供会社が存在している求職者側を支援する《転職エージェント》のサービスだけでなく、事業承継の候補者を会社のオーナー社長に紹介するという形のもう1つの『支援サービス』もあります。

具体的には、【Batonz(バトンス)】サービスがそれにあたります。

個人的に、このサービスはとても《画期的なサービス》なのではないかと、考えています。

画期的な点を簡潔にまとめてみますと以下のようなイメージになります。

◆従来は一方向からの情報経路しかなかった・・・

求職者側→《転職エージェント》

◆ 新たなサービスにより “情報経路の双方向化” が実現

求職者側  ⇔ 《転職エージェント》としての【Batonz】
↑↓
オーナー側 ⇔ 《事業承継・M&A仲介会社》としての【Batonz】

 

Batonz(バトンズ)のビジネスモデルは、サービス提供事業会社側双方で内で買主側と売主側の情報の共有が成されている点が画期的&革新的です。

このマッチング機能により、従来は繋がり難かった買主側と売主側の情報を1つのサービスサイト内で共存させ、ユーザーが双方の情報を容易に確認・検討することを実現化しています。

同社は、そのビジネスモデルを以下のように唱えています。

「誰でも、自由に、どこでも、気軽に」
事業のバトンタッチができる
“あとつぎ革命”

そして、
“あとつぎ革命” との表現が単なる宣伝文句・誇大広告的なものでないことを、以下の実績で証明しています。

バトンズの累計ユーザー登録数28,000人超、累計成約実績数は200件で、 国内の事業承継マッチングサービスでは最大級の会員基盤・成約実績となります。
※各種データは2019年6月末時点のもの

以下に【補足】として案内している当記事の関連記事内でも触れていますが、Batonz(バトンズ)サービスが画期的であるポイントは、“気軽に” にという一見「カジュアル過ぎすのでは・・?」とも感じられてしまう言葉の裏に、その核心が秘められています。

核心はズバリ、
『M&Aに必要な費用』 です。

従来のM&A市場においては、仲介会社の手数料費用だけでも、平均的に2,000万円の費用を用意する必要があったそうです。

Batonz(バトンズ)のビジネスモデルが画期的な点は、

市場構造を変革し、
《100万円台からの
小規模M&A》
を一般化した

点にあります。

Batonz(バトンズ)は、その具体的な成果の幾つかを以下のように案内しています。

  • 100万円台からの小規模M&A
  • 起業・独立の手段としてもOK
  • 数か月でのスピード起業の実績あり
  • 交渉可能な案件は常時500件程度

《転職エージェント》を利活用しての仕事の充実度を伴った『理想の田舎暮らし』の実現化が、既存の企業・会社への “転職” を目的としたものであるのに対し、【Batonz(バトンズ)】を利活用しての【小規模M&A】は、既存の会社の事業・営業基盤を買い取り “事業主としての独立・起業を志す” ものです。

どちらのスタイルを目的・目標とするかは、『理想とする田舎暮らし像』により異なってくるとは思います。

ですが、従来は成立の可能性が皆無といって過言でなかった “個人での会社・事業の買い取り” という形態の扉を開いてくれた(=革命を起こしてくれた)【Batonz(バトンズ)】サービスがある今、その利用の検討をしない手はないのではないでしょうか?

どちらのスタイルを目的・目標とするかは、『理想とする田舎暮らし像』により異なってくるとは思いますが、はなして・・・
誰もが  “本当の理想” を追求したことがあるのでしょうか?
(移住当時に【Batonz(バトンズ)】の存在を知らなかったわが家は、残念ながら・・・「なかった」です)

従来は成立の可能性が皆無といって過言でなかった “個人での会社・事業の買い取り” という形態の扉を開いてくれた(=【小規模M&A】革命を起こしてくれた)【Batonz(バトンズ)】サービスがある今、その利用の検討をしない手はないと思います。

無料の問合わせ窓口はこちらより(メールでもお電話でもご相談いただけます)


【事業承継の相談はこちらから】



【補足】
【Batonz(バトンズ)】が提供しているサービスを、個人的に《画期的なサービス》と感じている理由の案内は、以下の関連記事内にもあります。参照ください。
関連記事

「ウチは田舎・地方の一中小企業、後継者となって事業継承をしてくれる人なんていないだろう・・・」「零細企業(または個人事業)会社だから、M&Aで事業を買い取ってくれる先などないだろう・・・」そのように考えられている地方企業[…]

田舎・地方の中小企業&個人事業主こそ!事業承継・M&Aの方法はサイト経由で

田舎・地方の中小企業の『後継者不足』問題の実状

この項の最後に、田舎・地方の中小企業の『後継者不足』問題の実状にも触れたいと思います。

『後継者不足』という問題は、日本という国全体のとても大きな課題ですが、この課題については地方へ行けば行くほど深刻度が増している問題だということを、実際に田舎暮らし・地方移住をしてみると、様々な場面において肌で実感します。

“限界集落” という言葉がありますが・・・
地区によってはとうの昔に限界を越えていて、既に廃墟と化し建て壊しを待つばかりの公営住宅が点在している場所も少なくないです。
「昔はここにこれだけの人が住んでいたのか・・?」と感じられてしまうような場所が。

また、そのような過疎化が進んでいる地区ではなくても、近隣の地方・田舎にしては都市部と呼べる市区においても、「創業100年近くとなる老舗の企業が後継者不在のために廃業した」という話しを伺ったりもします。

とある地方在住者
あの老舗さんでさえね・・・

という話しがされている。
それが実状となります。

当記事を読まれた方の中に、「それであれば自分が!」という心持ちで、
『戦略的に地方・田舎の企業の事業承継・M&A』を目指そうという方がいらっしゃると幸いです。

地方・田舎における『事業承継』。実際に『承継』をした知人の事例のご紹介

これまでは、ある一定以上の “高度なスキル・能力” を持つ方が、『事業承継』という手法を活用することにより、仕事面での充実度を保つ or 更に高めつつ、『田舎暮らし・地方移住』を実現するためのおすすめの方法(転職エージェント》ならびに【Batonz(バトンズ)】サービスの活用)を案内させてもらいました。

当項では、《転職エージェント》を利用した事例以外で、実際に『事業承継』をした知人の事例を紹介します。

田舎暮らし》での事業承継の実状:多くは『農業・農家の事業承継

私が『田舎の現場』で実際に見聞きした限りにおいては、(よい意味で)『田舎』と呼ぶのが相応しい地域における『事業承継』の最も多いパターンは以下です。

『農業・農家の事業承継』

この点は多くの人のご想像通りかとは思いますが、やはり実際に、このパターンが大半です。
また、
『農業・農家の事業承継については、以下のようなケースの事例の紹介をご覧になった方も多くいることと思います。

子供が都市部へ移住してしまい後継者が不在となっていたため、研修生として知り合った○○さんに無償で土地を提供し、後継者となってもらった。

個人的には正直、実際に田舎暮らしをするまでは、こうしたケースは「ごく希なパターンなのだろうなぁ」と考えていたのですが・・

(決して多い訳でない私の)知人の範囲内だけでも、こうしたケースは実際にあります。

そのように、
『実例が多くある』という意味では、『農業・農家の事業承継』というのも、おすすめの手法 にはなります。

但し、こうしたケースについては、『めぐり会わせ次第』という条件がついて来るようです。

『めぐり会わせ』の具体的な用件は以下です。

  1. 農家の方のお人柄(この点が1番大きな要素のようです)
  2. 研修生側の人柄(主に熱意)
  3. 新規就農制度の運営状況

1) の点については文字通り、めぐり会わせ次第です。
2) の点については、自身の頑張り次第ですので、コントロール可能な要因にはなります。

“鍵” となるのは、3番目の『新規就農制度』の運営状況です。

『新規就農制度』については、多くの町村で取り組みが行なわれてはいますが、その中身の実状に関しては町村ごとでかなりの違いがみられます。

私が以前住んでいた町では、形式的には立派な『新規就農制度』のパンフレットなどを揃えていましたが、実際に役場の担当者に説明を聞きに行ってみたところ、

役場担当者
おすすめしません

という対応を受けました。

この対応については町役場に限らず、町の1つ上の管理組織である “地域振興組織” においても同様でした。

他方、
町村などの自治体や振興組織がシッカリ連携をして、地域で一体となって『就農制度』を戦略的に運営しているケースもあります。
※町村によっては、個々の農家ごとではなく “自治体全体” として、大手企業と契約をしているところもあります。

したがいまして、
『農業・農家の事業承継』を狙っていくのであれば、まずはご自身が希望する町村の役場などに実際に足を運んで、『現場の担当者の生の対応』を肌で感じてみることを、強くおすすめします。

『農業・農家の事業承継』の具体的なアプローチ方法の紹介

では・・
当項で先に触れました知人のケース(仮にAさんとします)はどうであったのか?

Aさんの場合、実際のところは “新規就農” に熱心ではない地域で『事業承継』を果たしました。

但し、Aさんの場合は、
『最初から “新規就農制度” を利用したわけではなかった』というのがポイントでした。

知人の場合は当初、“町の臨時職員” の立場で、地場農地の調査の仕事をしていたそうです。

その仕事を通じた中で、周囲の信頼と支援の意志を得ることができる手応えを得た後に、“新規就農制度” を利用し、研修を経て『事業承継&独立』を果たした、という流れだったそうです。

いきなり研修生として新規就農を始めたのではなく、最初に別の形で “周囲との信頼関係を構築” しておいて、その関係性をベースとした。

さらに研修先についても、先に培った関係性から知り得た情報を活用して、自分にとって “ベスト” となるであろう研修先農家さんを予め選定していた。

Aさんの場合はその2つのポイントがあったからこそ、サポート体制が十分でない地域においても、理想的な『事業承継』をすることができた訳でした。

Aさんの事例のようの形で “町の臨時職員” になるというのは、町外に住んでいる場合はタイミングを含めなかなか難しいかとは思います。

しかしながら・・その形に近い制度があります。
ご存知の方も多いかとは思いますが、

国内の様々な自治体で実施されている『町おこし協力隊』という制度がそれです。

この制度を上手く活用すれば、協力隊員として就任している期間中に、有益なネットワーク・人脈作りを行なうことが可能であると思います。

『町おこし協力隊』に関しては、制度を取り入れている各自治体が、募集時にその情報をホームページに掲載します。

『田舎暮らし・地方移住先』の候補として既に目ぼしい先を絞り込んでいる方は、定期的に自治体サイトをチェックすることをおすすめします。

【この項の最後に】
現在、私の住む地域周辺の農家の方々の平均年齢は既に70代近くとなっているそうです。
地域によっては特産作物もあるのですが・・・
このままではその作り手がいなくなってしまうような状況だそうです。

ですが・・・
このような状況は、現在私が住んでいる地域に限らず、日本の地方・田舎においてはいたるところで普通にみられる状況なのだと思います。
以前、住んでいた別の地方・田舎でも同じような状況でしたので。

先の『地方・田舎の中小企業の『後継者不足』問題の実状』の項でも同じ内容のことに触れたのですが、当記事を読まれた方の中に、

『戦略的に地方・田舎の農業・農家の事業承継』を目指そうという方がいらっしゃると幸いです。