田舎・地方の中小企業&個人事業主こそ!事業承継・M&Aの方法はサイト経由で

「ウチは田舎・地方の一中小企業、後継者となって事業継承をしてくれる人なんていないだろう・・・」
「零細企業(または個人事業)会社だから、M&Aで事業を買い取ってくれる先などないだろう・・・」

そのように考えられている地方企業のオーナー社長さん・個人事業主さんは沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

ですが、本当にそうなのでしょうか?

事業承継M&Aを “支援する側” と “交渉を受ける側” の両方の経験し、その後に実際に “地方移住・田舎暮らし を実践しているフクブログ一家(夫)の体験からしますと、答えは「そんなことはない!!」となります。

実際の生の現場にて肌で感じた実感や、その経験を踏まえた上での提案もありますので、参考にしていただければ幸いです。

自社に最適な事業承継・M&A仲介会社をマッチングしてくれる【Batonz(バトンズ)】

結論から言いますと、以前、自分が事業承継・M&Aに関っていたことがあった時分にこのサービスがあったなら、「どんな形にせよ “問い合わせ” をしただろう」と思えるサービスが以下です。

『日本M&Aセンター(グループ)』
が提供するサービス
【Batonz(バトンズ)】



『日本M&Aセンター』は、中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1の国内M&A支援のリーディングカンパニー

その株式会社日本M&Aセンター (東証一部:2127)が、
《「誰でも、自由に、どこでも、気軽に」事業のバトンタッチができる“あとつぎ革命” 》
と謳っているサービスが、【Batonz(バトンズ)】 です。
(※以下のリンクより該当サイトをご確認ください)

【事業承継の相談はこちらから】
【Batonz】

【Batonz(バトンズ)】が掲げる主な特徴は以下です。

《【Batonz(バトンズ)】で事業承継・M&Aを行うことの4つの特徴》
  1. 相手が誰か分かり、サポートもあってあんしん
  2. 無料でかんたんに始められる
  3. 買主・後継ぎ候補は2万人以上
  4. 地方自治体とも協力
【補足】
1)の“相手”には以下の補足説明があります。

東証一部上場の日本M&Aセンターグループが運営。売主も買主も本人確認を実施しており、困ったときでもM&A専門家がサポート!

ここでは、“相手=売主・買主” との文脈で使用されていますが、その内容はもちろん、仲介会社にも当てはまります。

また、
【Batonz(バトンズ)】には、《非公開サービス》もあり、その非公開サービスが選ばれる理由として、以下の3つのポイントを挙げています。

  1. M&A業界28年の経験豊富なアドバイザーが、最適な進め方をご提案します
  2. 1000を超える仲介会社・承継アドバイザーから、現状やご要望に合った仲介会社をご紹介します
  3. 日本全国5000※1件を超える事例をもとに、気をつけるべきポイントをアドバイスします
    ※1 日本M&Aセンターの実績とBatonzの実績を合わせた合計成約実績数

上述の計7つの特徴は、Batonzが謳う “あとつぎ革命” を実現するための施策であり、同時に、日本国内のM&A ビジネスの課題をクリアするための施策でもあると感じます。

国内事業承継・M&Aの主な問題点

では、
日本国内のM&Aビジネスには具体的にはどのような問題点・課題があるのでしょうか?

よく挙げられているのは、以下の点です。

  1. きちんとしてM&A会社がどこかわからない
  2. 専任契約のため1社にしか依頼できないが、どの会社が自分にとってぴったりかわからない

私が実際に関った時分(5年以上前のことになりますが)に感じていた “最大の課題” も、正しく 1)の点でした。

経済産業省「事業承継に関する現状と課題(平成28年4月)」の調査内容によりますと、社歴の浅い会社(0年以上~10年未満)を除けば、M&A等による第三者承継の比率は “15%未満” とまだまだ低い割合となっています。
※親族内承継は7割以上で、社歴が長い会社になればなるほどより高い比率(最大93%)を占める。
※従業員承継は基本的に第三者承継よりは数%ほど高いくらいの比率。
(社歴区分により最大9%の差)

“後継者の不足” が経営課題の中でも特に大きな問題として取りざたされるようになってから、かなりの年月が経っているにもかかわらず、M&Aによる事業承継がまだ決して多くはない状態である主因はやはり、『きちんとしてM&A会社がどこかわからない』という課題にあるのだと思います。

確かに近年は “中小企業のM&A案件” も随分増えてきているようですが、それでもやはり、“M&Aを仲介してくれる会社に関しての情報” は決して多くはないと思います。

また、たとえある程度の情報があったとしても、『自社の売却先を選定する』という “究極の選択” と呼べるレベルの決断が困難なものであることは、容易に想像がつきます。

そのような不安材料を解消する方策として
『1000を超える仲介会社・承継アドバイザーから、現状やご要望に合った仲介会社をご紹介』
という手法を導入している点は、「さすがは、日本M&Aセンターグループのサービス!!」の一言です。

そして仮に、どんなに多くの情報があったとしても、それは所詮 “一般的な見解の範疇” と感じられてしまうのではないでしょうか。

決断を要する内容が重大であればあるほど、『豊富なM&A成約実績・実務経験をベース』とし『多くの選択肢の中から』、自社の固有な状況・要望にマッチした仲介会社を “オーダーメイド的” に紹介してもらえない限りは、なかなか納得のいく決断には至らないだろうと思います。
“オーダーメイド的” という箇所については、上述の《【Batonz(バトンズ)】でM&A・事業承継を行うことの4つの特徴》の4番目の特徴『地方自治体とも協力』の項目には以下の補足説明がされていますので、引用します。

それぞれの地域が持つ特長や、抱える問題に合わせて、地域の経営者の事業承継を自治体とともに応援!

一般論ではなく、
自社が置かれている環境や直面している状況を考慮してのマッチング(=オーダーメイドでの仲介会社の紹介)を行なってくれる点は、とても重要なポイントだと思います。

そして、このようなアプローチは、【Batonz(バトンズ)】および日本M&Aセンターグループ以外には求め得ることが難しいサービスだと感じます。

同社は「 “あとつぎ革命” 」と謳っていますが、“革命”という表現については、このサービス1点だけでも素直に頷けるのではないでしょうか?

その上、
『買主・後継ぎ候補は2万人以上』 『地方自治体とも協力 』など、他のセールスポイントも他のセールスポイントも多々ある上、『問い合わせは無料』となっています。


【事業承継の相談はこちらから】

事業承継・M&Aの個人的経験 その1【回想】交渉を受ける側の立場

先でも触れましたが、私が実際に交渉を受ける側の立場で実務に関っていた時分に感じていた “最大の問題点” は、『きちんとしてM&A会社がどこかわからない』という課題でした。

私が実務に関っていた当時、名前がパッと頭に浮かぶM&A仲介会社といえば(実際に)『日本M&Aセンター社』くらいでしたが、その点に関しては2019年の今も、一般的にはあまり変わりはないのではないでしょうか?

今、当記事を書いていても『日本M&Aセンター社』の社名は直ぐにキーを打つ手が動きましたが、当時実際に譲渡の打診を受けた側の会社に関っていた関係で接点のあったM&A仲介会社の社名は・・・
思い出すことができませんでした(個人的な記憶能力の不足のせいかもしれませんが )。

当時も、そのM&A仲介会社については関係者の全員が社名を知りませんでしたし、インターネットなどで調査をしてみても情報が不足していて、その会社がきちんとした仲介会社なのかどうかの判断を下すことは難しい状況でした。

結局のところ、その相手先の仲介会社が『きちんとしてM&A会社なのかどうかよくわからない・ハッキリしない・・・』という状況が、オーナーが面談を数回で “打ち切り” とした最大の要因であったと記憶しています。

いま振り返っても、
“交渉を受ける側の立場” で最も不安を感じる点はやはり、
『きちんとしてM&A会社がどこかわからない』という課題に集約されると考えます。

『田舎の地方企業』は《事業承継者募集》の強みになるのか?

さて、ここまでは主に、
実際に自分がM&A仲介会社より売却の申し出をされた企業に関っていた時分に感じていた「こんなサービスがあったら、オーナーも、具体的に検討を進めることが可能となるのではないだろうか?」と感じていた内容を、日本M&Aセンターグループが “具体的なサービス” として実現してくれている内容について触れてきました。

次にもうひとつ別の視点から、
このサービスを展開しているのが『日本M&AセンターグループのBatonz(バトンズ)』だからこそのメリットについても、考えてみたいと思います。

また、
ここまでは基本的に、自社の売却を検討している『オーナー社長の視点』の側から、『おすすめのポイント』について触れてきましたが、以下では、逆の立場の “買収先を探している立場の側” からの視点を含めての『おすすめポイント』についても触れてみます。

事業承継・M&A市場を個人に開放する【Batonz(バトンズ)】

【Batonz(バトンズ)】という社名には、『経営のバトンを次世代に受け渡す。事業をつなぐ、人をつなぐ、想いをつなぐ』という意味合い・想いが込められているそうです。

【Batonz(バトンズ)】は、その名の通り『中小企業のオーナー社長』をメインターゲットとしたサービスを展開されているわけですが、その点については母体である『日本M&Aセンターグループ』も同様であり、『日本M&Aセンター社』がその分野でのリーディングカンパニーでした。

では、Batonz(バトンズ)と母体の『日本M&Aセンターグループ』との違いはどこにあるのでしょうか?

具体的には、
《「誰でも、自由に、どこでも、気軽に」事業のバトンタッチができる“あとつぎ革命” 》
との【Batonz(バトンズ)】のスローガンに、その解が表されています。

着目点は、“気軽に” という部分だと考えます。

事業承継・M&Aは “会社同士の出会いの席・場” としてよく、『お見合い』がその喩えとして用いられます。

その 『お見合い』 の喩えを用いて、従来の一般的な事業承継・M&Aと【Batonz(バトンズ)】を比較してみますと、その違いは以下のように喩えられると思います。

  • 従来の事業承継・M&A像: 仲人が付き添うお見合いの席(格式ばった昔ながらのスタイル)
  • Batonz(バトンズ):婚活パティーの場(よりカジュアルで現在主流のスタイル)

その意味で、
Batonz(バトンズ)は、従来の事業承継・M$A業界にはなかった “新しいスタイル” を導入した変革者(社)と云えるのだと思います。

2013年の10月と少々古い話しとなり恐縮ですが、当時、事業承継・M$Aの案件でとある商工会の方と打合せをした際に、《M&Aの仲介手数料の相場》 について確認をしたことがありました。

その方から伺った内容は以下でした。

商工会の方
基本手数料は、2,000万円ほどのようです

つまり、

“仲人(=主に金融機関や仲介会社)を介するお見合い” という形式での事業承継・M&Aでは、買主は仲介手数料だけでも2,000万円前後の資金を用意しておく必要がある、ということになります。

これだけの額を用意する・できる買取主候補の “個人” というのは、非常に限られてくると思います。


一方、

Batonz(バトンズ)は、《100万円台からの小規模M&A案件》 も多数扱っています。

その金額であれば、一個人でも 《起業・独立》 の方策として、事業承継・M&Aを視野に入れることが十分可能な範囲となってきます。


結婚相手との出会いの場・機会を求める方策は、潮流が “格式ばったお見合いの席” から “婚活パティー” へと移行したことにより、個人個人が自分の意志で自由に “気軽に” その場に参加することができるようになり、出会いのチャンスが格段に飛躍したことに異論を唱える人はいないでしょう。

Batonz(バトンズ)が用いる “気軽に” というカジュアルな響きのある言葉の裏には、事業承継・M&A市場に於いての 《 “潮流を換える者=シーンチェンジャー” は我々である》 という野心的なメッセージが込められている、と思われます。

日本M&Aセンターは、中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1の国内M&A支援のリーディングカンパニー。

そして恐らく、市場をリードする存在であるからこそ国内M&A市場のある種の限界を最も肌で感じている存在でもあった筈です。

その限界(=個人が容易には参入出来ない資金的な壁)を打破するための新規サービスが、《「誰でも、自由に、どこでも、気軽に」事業のバトンタッチができる“あとつぎ革命”》を唱える【Batonz(バトンズ)】なのだと思います。

Batonz(バトンズ)ユーザーは28,000人超!《田舎・地方》を公私ともに理想とする人は多数いる筈

上述のように、国内の紙業承継・M&A市場に 《個人が参入》 することを【Batonz(バトンズ)】が可能としてくれました。

その成果の具体的な結果が、以下のデータになります。

バトンズの累計ユーザー登録数28,000人超、累計成約実績数は200件で、 国内の事業承継マッチングサービスでは最大級の会員基盤・成約実績となります。
※各種データは2019年6月末時点のもの

では、Batonz(バトンズ)の  “あとつぎ革命” によって、M&A市場への参入を開始し始めた 《個人》 とは、どのような人達なのでしょうか?

一言で言えば、
《戦略的にM&Aを活用しての事業承継を志向しているタイプの人》になると思います。

そうした志向を持つ人にとっての地域性とは、『都市部 or 地方(田舎)』ではなく、スバリ『事業展開にとってプラスか or マイナスか』でしょう。

《戦略的にM&Aを活用しての事業承継を志向しているタイプの人》 にとっては、買収対象事業が『地域性=ローカリティ』を強く打ち出せるビジネスであれば、企業・会社の所在地は “田舎であればあるほど” 、むしろ魅力的に映るのではないでしょうか

業種・業界による部分もあるとは思いますが、大半の業種・業界において “ビジネスモデルの均質化” が大きな課題となっている成熟市場の現在、独自性を打ち出せる『ローカリティ』を有するという利点は、やはり大きな美点として映ることと思います。

バトンズの累計ユーザー登録数は、28,000人超でした。

その膨大な数の登録者の中には、
“戦略的に事業承継” を志向し、『地方の会社こそ』をターゲットとしている方は必ずやいらっしゃる筈。

といいますか・・
『人生100年時代』『ライフワークバランス』『イクメン(育メン)』などのワードが頻繁に各種メディアに登場する昨今、『田舎暮らし』を志向する&理想とするビジネスパーソン・ビジネスウーマンの数はかなり増えているでしょうし、今後も益々増加すると考えられます。

『田舎の地方企業』は “強み=アピールポイント” に、十分成り得ます。

※逆の立場からの視点の1つとして、“田舎暮らし&地方への移住” を志向していている方へ向けた関連記事もあります。よかったら、こちら の記事も参照ください。

関連記事

『理想の田舎暮らし』と一口にいっても、“子供の養育環境としての自然の豊かさ” を重視する場合や、希薄化している都市部とは異なる “つながり感のある地域社会・コミュニティー” に魅力を感じるケースなど、理想の形は “何を望むか・重視するか” […]

理想の『田舎暮らし』実現なら《事業承継・M&A》という方法も

事業承継・M&Aの個人的経験 その2【回想】支援をする側の立場

先に、自分が以前 “事業承継・M&Aの売却交渉を受ける側の立場” に関係をしていたことに触れました。
その後、「その経験を活かすことができないか?」ということを考え、“逆の立場=事業承継の支援をする側の立場” の以下の組織・団体にアプローチをしてみたことがあります。

  1. CRC 企業再建・承継コンサルタント協同組合
  2. 事業承継者の支援を行う事業を展開する一般社団法人(現在活動なし)
  3. 上段2)と同じ事業を展開する一般社団法人(こちらも現在活動なし)

1)のCRC協同組合は、事業承継の支援より企業再建事業の方に力点を置かれていました。
中でも、当時はまだ海外・外国人観光客によるインバウンド需要(特需)の活況が始まる前だったこともあり、同協同組合の再建支援の大半はホテル・旅館業界の案件とのことでした。

事業再生・事業承継・企業再建・コンサルティング、ターンアラウンドマネージャー(TAM)養成講座などのセミナー主催【CRC…

私は自分の業務経験をまとめたレジュメを作成したところ(ホテル・旅館業界の経験はなかったのですが)その実績を評価してもらい、同協会が認定する “ターンアラウンドマネージャー” に認定され登録もしていただきました。
同様に、2)と3)の協会についても、それぞれの協会の支援先の支援業務執行者の候補者として登録をしていただきました。

しかしながらその後、いずれの組織からも実際に具体的な案件の話しをいただくことはなく、2)と3)の協会さんに関しては残念ながら、活動そのものが休止になっています。

【補足】
当時はいずれの支援組織においても、支援先企業のメインバンク等の意向により、支援業務執行者は55歳以上の方が望まれていたそうでした(私はその年齢よりは随分若かったです)。

これらの実際の経験を通して感じた点は、以下の一言に要約されるかと思います。

認知度不足を起因する需要と供給の間のギャップ

統計データが示しているように、実際に後継者不足に悩んでいる企業・会社は多数ある。
一方、
その支援業務を行っている組織も色々と在るのだが、その存在があまり知られていないため、後継者不足で悩んでいる会社のオーナー社長から実際に問い合わせや相談が入ること自体がそもそも少ない。

ちなみに、現在は活動休止となった3)の協会は、発足時にはそのことが日本経済新聞にも取り上げられていました(私はその記事で同協会のことを知りました)。
一部そのような露出がされたことがあっても、残念なことに悩んでいる当事者の方からの問い合わせは殆どなかったそうです。

上述しましたように、具体的な問題点はただ1つ、
『支援組織&サービスの認知度』 それに尽きるかと。

その面で、
認知度がバッグンの『日本M&Aセンターグループ』が展開するサービスは、全く異なるものであると言えるでしょう。

事業承継で悩んでいる側の方、支援を志向している側の双方から、相当数のアプローチがあることでしょうし、その知見と実績の積み重ねがサービスの質をさらに高めているのではないでしょうか。

『田舎の地方企業を強みに!後継者探しに事業承継・M&Aを』のまとめ

当記事の冒頭ではひとつの結論として、
『事業承継・M&A仲介会社の比較検討が可能な総合サービス』をおすすめしました。

そして、その具体的な内容として『日本M&Aセンターグループ』が提供するサービス【Batonz(バトンズ)】のご案内をしました。

次いで、もうひとつ別の視点から、
このサービスを展開しているのが『日本M&Aセンターグループ』&【Batonz(バトンズ)】だからこそのメリットについても、考えてみました。

主なポイントは以下の2点。

  • 《戦略的にM&Aを活用しての事業承継を志向しているタイプの人》の登録が想定される
  • 同グループの認知度が従来あった需給ギャップを解消する(その期待が高い)


【最後に『まとめ』のまとめ】

日本M&Aセンターグループの事業承継M&Aサービス
【Batonz(バトンズ)】をおすすめした理由のまとめ

『より良い事業売却先を探している側』と、同じく『より良い事業の買収先を探している側』の、その双方が共に活用しているサービス(=情報を連動することが可能なサービス)が、『事業承継・M&A』 に関する各種サービスを総合的に展開している『日本M&Aセンターグループ』である、と云うことができるのだと思います(2019年現時点では)。

私たちユーザー側としては、同グループが保有しているそのパワー・利点を “上手に戦略的に活用” させてもらい、自らの課題の解決をより良い方向へと進めていくための “有益なツールのひとつ” と捉えることをおすすめします。