20代の未経験転職&副業におすすめ!『無料』プログラミングスクール

未経験の業種・業界へと転職する『未経験転職』は、何かと不安がつきまとうものですよね・・
特に、
全く畑違いの分野や高度な専門知識が必要なように思われる業界への転職を考えている場合は、なお更のこと。

これから先の世の中、《プログラミングの知識・スキル》が非常に重要となってくる。
それは、誰もが感じていることだと思います。
その一方・・
仕事・業務経験がない状態での《プログラミング業界へ未経験転職は、“ハードルがとても高い” 転職ケースの1つとも、感じている人は多いのではないでしょうか?

例えば、

とあるプログラマー志望者
プログラミングって難しそう・・・
文系の私にできるかなぁ?

と不安を感じたり、

とある第二新卒者
将来のことを考えると・・
AIに使われる側でなくAIを使う側へいかないと、マズいことになるのでは・・・?

と危機感を抱きながら。

しかしながら実は・・
この記事を読んでいるあなたが、20代(30代前半でも覚悟によっては含まれます)東京近郊・一都三県への転職や転居が可能なのであれば、2020年現在の今はむしろ、 絶好の機会!! なのです。

当記事では、《プログラミング業界への未経験転職》を実現するための、おすすめの『無料プログラミングスクールをご案内します。

なぜ・・?!
有料スクールではなく、無料プログラミングスクール』をおすすめするのか?

その理由には、当記事筆者[フクロー]の《プログラミング業界へ未経験転職の実体験と、その後の複数業界での《人事業務経験》に基づく“採用する側の生の現場感覚” を、織り込んでいます。

当記事が、未経験転職への第一歩》を踏み出すことのお役に立てると、嬉しいです。

ハードル高い未経験転職で敢えて、プログラミング業界をおすすめする理由

半数の仕事が “人間からAI(人工知能)に取って代わられる” とされるこれからの時代。
今後も残っていくと考えられている仕事の主な要件は以下の2点といわれています。

  1. AIを利活用するプログラミング系の仕事
  2. AIが不得意とする高い創造性が必要なクリエイティブ系の仕事

1)は、AIへの “業務指示を創り出す” 仕事であるのでズバリ、『プログラミング』の仕事になるのですが、1つ注意すべきポイントがあります。

指示コードを書くだけの業務(=単にコーディングをするだけの業務)は、現時点ではプログラマーの仕事ではあるものの、将来的にはその仕事自体も “AIに取って代わられる” と予想されている点です。

つまり、今・現在なら、
「シンプルなコーディングができます」というレベルでも十分に、プログラマーとして採用される就職&転職市場状況なのですが・・ さほど先でもない未来では(それが10年後になるのか、もう少し短い期間となるのかは現時点では不明ですが)、「それならAIで事足ります・・・」と断れてしまう可能性が極めて高くなると予想される点です。

逆に言えば、

2020年の今現在からここ数年間こそが、未経験&未経験に近いレベルでも、プログラマー(候補)としてプログラミング業界に就職・未経験転職が可能な《ラストチャンス》であり《ボーナス期間》である!!

ということです。

確かに未経験転職は、心理的にも転職市場的にもハードルが高いように感じられるとは思います。
ですが・・
多くの人にとって、実際によりハードルが高い&将来的に高くなってくるのは、上述2)のような《クリエイティブ系の仕事》において、AIのクオリティーを上回る成果を挙げ続けていくことなのではないでしょうか?

労働環境におけるAIの影響力が未知数であるこれから先の世の中においても、自らの職・仕事を失う可能性が低い仕事の選択肢が、1)のAIを使う側の仕事(=プログラミング系の仕事)、あるいは2)のクリエイティブ系の仕事のどちらかであるとしたら・・

現在、大幅な “売り手市場” である『プログラミング業界』へ、参入が比較的容易な “イマのウチに” 新規参入(=転職・未経験転職・就職)しておき、同業界での実務経験を数多く積んでおくことこそが、今考えられる最も確度の高い策なのではないかと思われます。

ハードルの高い未経験転職において、“敢えて” 『プログラミング業界』をおすすめする理由は、その点にあります。

とはいうものの・・
独力でプログラミングを学ぶというコトは、やはりかなりハードルが高い作業になるとは思います。特に文系の人間にとっては(私もそうですが)。

かといって、
将来の自分への自己投資と考えても、プログラミングスクールに高い授業料を払って通うのも、プログラミングに触れた経験が少なければ少ないほど、二の足を踏んでしまうコトだと思います。

ですが!!
シェアリングエコノミー的な発想やビジネスモデルが普及してきている “イマ” なら、それらの障壁をクリアするだけでなく、プラスαの付加価値までも付帯する仕組みを持つ《プログラミングスクール》が実際に在ります。

具体的には、
無料プログラミングスクール』が、そのような “おすすめ利点・機能” を有しています。

では、以下の各章では《無料プログラミングスクールのビジネスモデルの利点》などをみていきたいと思いますが・・ その前に今一度、『プログラミング業界をおすすめする理由』を深堀してみたいと思います。

【補足】
「その深堀は自分には不要だなぁ・・」と感じる方は、次章は飛ばしてもらっても良いかと。
その場合は、こちらの 次々章以降へお進みください。
なぜ無料プログラミングスクールをおすすめするのか?2つの大きな理由

転職支援&転職先紹介を無料サポートするプログラミングスクールがあるから

『プログラミング業界をおすすめする理由』として前章では主に、《今後の世の中の大きな変化を見越した先取り的な観点》を中心に、話しを進めてきました。

当章では主に、
《イマ!目の前に!とても有益なサービスがあるので、それを利用しない手はないのでは?》という、より現実的な(?)orちょっと生々しい(?&笑) 見方をしていきたいと思います。

未経験の業種・業界へと転職する『未経験転職』は、何かと不安がつきまとうもの。

その不安を払拭するためには、正直、自分1人の想いや意志だけではシンドイものがあるのではないでしょうか?

また、そうした気持ち・心理的な面だけではなく、“たったイマ!現時点” での転職&就職希望先業界の採用市場のリアルな動向など “活きた生の情報” は、独力だけでは決して集めきれないものだと思います。

何事も、より良い成果を得るために必要となるのは、《的確で上質な情報》
そして、
そのような情報を得るためには、《それらの情報が集まる先》に、アクセスする必要があります。

では、《それらの情報が集まる先》とは何処でしょうか?

イマ! “売り手市場” である業界には、多数の採用案件が集まると同時に、人材の確保を急務としている様々な企業から、各企業が必要とする人材を養成する機関(会社 )へと、数多くの支援要請のリクエストが集まって来るでしょう。
そして、そのリクエストを実現するための資金的なサポートなども必然的に手厚くなってくるだろうと推察されます。

そのような意味からしても、
イマ! “とてもホット ” な業界・業種が、『プログラミング』であることは間違いのないところ

そして、
クライアント企業の多くが資金力の豊富なIT系企業だからこそ、《プログラマーを養成する機関=プログラミングスクール》には、他の業種以上に潤沢なサポート資金が集まってくるはずです。

だからこそ、
プログラミング業界には、
『転職支援&転職先紹介を無料でサポートするプログラミングスクールがある』という、他の業界・業種では実現が相当に困難なサービスが “実在” するのです。

当記事筆者[フクロー]
自分がIT業界へ『未経験転職』をした時分に、こんな素晴らしいサービスがあったなら・・「手間も時間も(余計な)散財もしないで済んだのになぁ・・・」

と、心底より感じるものがあります

そのような訳で、

イマ! 20代の方には是非!

この恵まれた状況の活用を前向きに検討することを、強くおすすめします!!

【補足】
30代の方向けの話しも後ほど出てきます(そちらは少しハードル高くなりますが・・・)。
30代の方にも前向きな検討を、ぜひともおすすめします!

未経験転職での年収ダウンを避けられるのがプログラミング業界

プログラミング業界への未経験転職おすすめする理由としては、ズバリ《年収 》の件もあります。

人事・労務の分野でいう “賃金テーブル” という体系がそれに当たりますが、一般的に《年収》は、キャリアを積み重ねるにつれ上がる(と想定される)業務スキルと経験値への対価として、共に上向いていく形の形態を取ります。

また、
日本国内の大半の企業は、現在、そのようなカーブを描く “賃金テーブル” を採用しているといわれています。

そのような背景があるため、
未経験の業界・業種に転職する『未経験転職』の場合は、“一度キャリアがリセットされる・された” と見なされ、それに伴う流れで → 『年収ダウン・・・』 というケースが  “ごく普通に” みられがちです。

他方、
業務経験者およびその分野を学んで来た人材が絶対的に不足している “売り手市場” の場合は、上述の一般論はあてはまりません。

採用をする企業側からすれば、“ノドテ” で、是が非でも人材を確保したい訳ですので。

そうした数少ない例外業界の内の1つが、現在の『プログラミング業界』です。

プログラミング業界はフリーターや第二新卒も積極的に採用

プログラミング業界は、職務経験をある程度積んできた転職者人材だけでなく、フリーターや第二新卒者といった正社員の立場を未経験の人材に対しても、広く門戸を開いています。

そのことには、《人手が不足しているから》という理由以外の、“別の理由” もあるように思われます。
(※勿論、《人手が不足しているから》という理由がシンプルに最大の理由だとは思いますが)

ITベンチャー企業に勤めた個人的な経験を踏まえますと、プログラミング業界には、“《文系人材》が活躍する余地が山のようにある” と感じられます。

というのも、理系出身のプログラマー人材の中には、以下のようなタイプの人の割合が少なくなかったからです。

プログラミング能力は高いものの対人コミュニケーション能力に欠け、クライアントとの打合せの席などでは影が薄くなってしまうタイプ

そのため、純粋なプログラミング作業以外では、「あまり・・戦力にならないなぁ・・・」と感じてしまう場面が結構ありました。

また、そのようなタイプの人は、アルバイトなどの一般的な社会経験が乏しいことも多かったです。
すると、
クライアントからの要望などを自身の社会経験値から「こういうことを希望されているのだろうなぁ」と推察する能力も磨かれていないため、相手先の意図を正確に掴めないというケースもちょくちょくありました。

望まれているのは、単にプログラミングスキルだけではありません。

《コミュニケーション能力などのヒューマンスキル 》が、それ同等かそれ以上に望まれているからこそ、プログラミング業界は広く多様な人材に対して広く門戸を開いていると考えられます。

その背景には、プログラミングのスキルを必要としているだけではない、という切迫した事情があるはずです。
何せ、クライアントとの交渉&折衝が上手くいかないことには、仕事は獲得できませんので。

また、
望まれるヒューマンスキルの中には、《危機感を抱いている心情/危機感を抱いた経験》も、含まれていると推察されます。

その推察は、“採用する側” の経験を通じて感じてきた大きなジレンマに基づきます。
それは、
《新卒者の多くが3年以内に離職をしてしまう・・・》という事実です。
(※プログラミング業界に限らず、国内産業界全体の大問題ですね)

(決して批判するつもりではないのですが・・) 誰もと同じ就活ルートで就職し&皆と同じように3年で離職をしていく・・・ という新卒者が数多くいる。
その現実を鑑みますと、
そうした多数派とは別の道を進んだ人には、「それ故に他の多くの人が感じて来なかった《強い危機感》をもっているであろう」 という見方をすることができ、その点にある種の可能性を見出しているのだと思われます。

まとめますと、
プログラミング業界が、フリーターや第二新卒者などの多様な人材に広く門戸を開いている主な理由は、次の2つの点に可能性を見出しているからと考えられます。

  • アルバイト歴は社会経験を積んだ実績とみなせる(業種が複数だとなお良い)
  • 強い危機感には他者とは異なる行動につながる可能性を、見出せる

このような観点は、新進の気質に富むIT業界だからこそ持ちえるものであり、既存の他の大多数の業種には望み難いものなのではないかと思います。

この点も、『プログラミング業界』をおすすめする理由となります。


【フリーター・未経験歓迎】手に職をつけるプログラミング&就活スクール

 

プログラミング業界への未経験転職は何歳まで可能?20代or 30代?

プログラミング業界への『未経験転職』は意外にハードルが高くない。

その理由を幾つか挙げてきましたが、当項では逆に、《年齢》という1つのハードル(壁)について触れてみたいと思います。

この《年齢》というモノサシが、欧米とは異なりいまだ未成熟な日本国内の転職・就職市場において、明確な障壁となっていることは周知のとおり。
そして、
その壁は、プログラミング業界においても、他業種と同様に存在しています。

また、この《年齢》という壁は、一定のキャリアを積んでいる場合においても存在しているモノであるので、未経験転職の場合はそのハードルはなお高くなります。

特に、《未経験転職を『無料』でサポートする》 というある意味 “特別なサービス” である、『無料プログラミングスクール』の場合は、更にプラスαの制約が付くことになるようですが・・ それは致し方ないことかと。

具体的には、次のような《年齢の壁》がある、と捉えて行動することをおすすめします。

プログラミング業界への転職における年齢の壁の事情

  • 他業種と同様の壁が存在する-具体的には《30代から壁ができ始める》
    ※近年は“ミドル層の転職”比率も増加傾向にはありますが、件数自体はまだまだ少ない状況です
  • 未経験転職の場合は 《30代に明確な壁が存在する》
    ※壁が存在する理由は、無料プログラミングスクールのビジネスモデルによります

 

【補足】
ある程度の制約や金銭的負担(出費)の必要性はあるものの、《30代でプログラミング業界へ転職する》ための具体的な方法はあります
その内容ついては、
関連記事 ⇒『転職後が不安なら・・『GEEK JOB キャンプ』 口コミ評判と実績を分析』内の《『GEEK JOB キャンプ』おすすめ理由3:30代は《学習コース》有料でもプログラミングスクールとしては安価+無料のケースも》の内容を参照ください

なぜ無料プログラミングスクールをおすすめするのか?2つの大きな理由

なぜ、無料プログラミングスクールおすすめするのか?

それはもちろん!!
私たちユーザー(=転職&就職希望者)が、

『無料』で!!
プログラミングを
学べるから

です。

でも・・・
「タダより高いものは無い」という慣用句の意味も気になりますよね。

ですが、その点はご安心を
先に述べた《シェアリングエコノミー的な発想&ビジネスモデル》が、その不安点を解消し、むしろ利点へと転換してくれているからです。

というのも、
無料プログラミングスクールを展開する運営元企業が、《スクール料を無料》とするためには、以下の構図が必要となるからです

無料プログラミングスクールは
有料スクールを上回る
“企業努力”が必要

そして、
無料プログラミングスクール運営元の企業努力は以下の2つの成果へと結び付き、私たちユーザーに、大きなメリットをもたらしてくれるのです。

  • 転職&就職支援サポートの更なる充実
  • 講義カリキュラムの更なる充実

では次に、
以下の2つの疑問点を中心に、『無料プログラミングスクール』のビジネスモデルの優れた点などを確認していきましょう。

無料プログラミングスクールはなぜ、スクール料を “無料” にできるのか?
無料プログラミングスクールにはなぜ、有料スクールを上回る “企業努力” が必要なのか?

 

プログラミングスクールの比較:授業料《無料と有料》の違いは?

無料プログラミングスクールのビジネスモデルが優れている理由&おすすめをしている理由を一言で表現すれば、以下になります。

『三方よし』の仕組み

その優れたビジネスモデルの仕組みは、下の図に要約されています。

『GEEK JOBキャンプ』ビジネスモデルの概略図
出典:『GEEK JOB キャンプ』ホームページより

図の中心にあるGEEK JOB キャンプは、授業料無料のおすすめビジネスモデルを提供している無料プログラミングスクールの名称になります。

ポイントは、
以下の三者(三方)の全てに “利益がもたらされる仕組み” が構築されている点です。
また、その優れた仕組みにより、私たちユーザー(=プログラム受講者・求職者)は、“スクール料無料” の恩恵を受けることが可能となっています。

  1. プログラム受講者(=転職・求職者)
  2. 企業
  3. 無料プログラミングスクール

 

『三方よし』となるための仕組みの鍵は、報酬形態の変革にあります。

従来の有料のプログラミングスクールの場合は、『報酬』の流れは以下のようでした。

1)の《プログラミング受講者》から、3)の《無料プログラミングスクール》に、『報酬』が支払われる。

この『報酬』は、3)からの《カリキュラム提供》に対する、受講料という名の『対価報酬』になります。

一方、
無料プログラミングスクールの場合の、『報酬』の流れは以下になります。

2)の《企業》から、3)の《無料プログラミングスクール》に、『報酬』が支払われる。

そして、この『報酬』は、図の左側に有る《求職者紹介》に対する、『成功報酬』になります。

より簡潔にいえば、
《『対価報酬』の形態を 『成功報酬』へと変革した》 ということです。

『対価報酬』が『成功報酬』に切り替わったことにより、次の変化が生じます。

企業は良い求職者を採用できた場合にだけ報酬を支払う
但し、成功報酬料はそれ相応の金額

プログラミングスクールは良い求職者を紹介できた場合に成果報酬を得る
良い成果報酬を得るためには良い求職者を紹介する必要性が生じるので、その結果、自社サービスをより磨き上げるあげるための《企業努力が必要》となる。
その結果、
サービスの充実が自社の評判をより高め、より多くの受講者が集まるようになる

プログラミング受講者は授業料無料の恩恵を受けられる
それと同時に、スクール側が磨き上げたカリキュラムと転職&就職支援のサポートを受けることにより、自身の市場価値を高めることができる。
その結果、採用先の企業にメリットをもたらすと同時に、企業側からのスクール側への評価を高めることにも貢献できる。

このような形(循環)で、企業,無料プログラミングスクール,プログラム受講者(=転職・求職者)の三者それぞれにメリット・利益がもたらされる仕組みが構築されているため、《三方よし》 となります。

一方、
有料プログラミングスクールの多くも、“転職・就職サポート” は行なっています。
《良い求職者を紹介すれば、スクールの評判が高まる》 という構図も同じです。

ですが・・
『報酬』の流れは、プログラム受講者からスクールに払われる授業料という『対価報酬』のみでした。

無料プログラミングスクールと有料プログラミングスクールの違いは、《報酬を受託するモデル》 の違い。

『成功報酬』と『対価報酬』
どちらがより、“仕事に対する熱量” がアップするでしょうか?

やっぱり、
「成功しないと報酬が得られない」という “危機感” が、自然と(どうしても?)熱量に違いをもたらしますよね

成功報酬 or 対価報酬かという《収益形態》の差異と、その《収益形態》が受講生の《採用状況》とダイレクトに結び付いているかどうか=直接的な影響を受けるかどうかの差異。

その2つの差異をまとめたのが以下の図になります。
参照ください
※下図での《採用状況》とは、受講生が転職&就職活動をしている最中の “活動状況” の意味と、採用された後の “勤務状況” の意味の、2つの意味合いを含むものになります。

【無料プログラミングスクール】収益形態と採用状況がリンクする関係性の概略図

【有料プログラミングスクール】収益形態と採用状況がリンクしない関係性の概略図

おすすめ無料プログラミングスクールが東京にある理由

ということで、無料プログラミングスクールは、転職・就職希望者にとって、イイコトづくめな存在なのですが・・ 幾つか難点もあります。

その1つは、《スクール所在地》の問題。
無料プログラミングスクールは基本的に、東京・大阪・福岡などの大都市圏にしかなく、中でも東京に集中しています。

その理由は、無料プログラミングスクールのビジネスモデル。

無料プログラミングスクールは採用企業からの出資があってこそ成り立つ仕組みなので、スクール運営が成立するには、出資企業数=求職者を採用してくれる企業数が大きな鍵を握ります。

プログラマーを採用する企業の数が多い地域が何処かといえば、それは《東京》。

“SHIBUYA BIT VALLEY(シブヤ・ビットバレー)”との呼称があるように、IT系の企業が集中している地域があるのが、《東京》だからです。

蛇足ながら・・
現在、田舎暮らしを満喫している当ブログ運営者のフクブログ一家も、かつては首都圏にて生活&仕事をしていました。
イマ、田舎暮らしがもたらす豊かさを日々実感しているのも、「都会生活をした経験があるからこそ」だと感じています。

地方育ち&在住の20代の方でまだ都会生活をしたことがない人は、若いイマの内に一度、東京での生活を検討してみるのもよいかと。
すると・・(その不便さも含め)郷土愛が増すことになるかもしれません。(個人差がスゴクあるでしょうけど

おすすめ無料プログラミングスクールがオンラインでなくオフラインの理由

無料プログラミングスクールの数少ない難点をもう1つ挙げるとすれば、“おすすめできる実績” を積み上げているスクールの基本的な運営スタイルが『オフライン』に限られている点になります。

この点も、主な理由は前項の《 おすすめ無料プログラミングスクールが東京にある理由》と同様で、プログラマーを積極的に採用する企業が大都市圏、なかでも東京に集中しているからでしょう。
スクール側の視点に立てば、
「業務未経験者でも採用しよう」という企業が集まっているのが東京であれば、その東京で、《オフライン=直接対面でレッスンと転職・就職サポートを行うのが最も効果的》 と考えるのは至極当然だと思います。

東京でオフライン
というスタイルは、物理的に距離が近いというだけでなく、気持ち・心理的な面での距離もグッと近くなるので、スクール担当者の “熱量” もアップし より親身となるはず。
また、
“より親身なサポート” に接すれば、それを受ける側の求職者の “熱量” もおのずとアップ することは間違いなし!

《三方よし》 の精神と同様、《 Win-Win 》 の関係性の構築を志向して、現時点では 『オフライン』のスタイルを選択したのだと思われます。

今後、《テレワーク》という働き方が普及し、ごく当たり前の業務風景となってくるようであれば、話はまた変わってくるとは思います。
しかしながら・・
他の業種よりは遥かにテレワークに適していると考えられるプログラミング業界においても、現在はまだまだ、オフィスに出勤するスタイルが主流。

無料プログラミングスクール界をリードしている主要スクールが、積極的にオンラインのスタイルをも取り入れていくタイミングは、企業の勤務スタイルが変化するタイミングと一致するのでしょう。

その意味で現在は、地方に住みオンラインでプログラミングを学び習得できたとしても・・

地元で業務未経験者を積極的に採用している会社に巡り合うことはかなり難しいでしょうし、都市圏の企業にテレワーカーとして採用されるケースも稀でしょうから・・

正社員プログラマーとして転職・就職をすることはできないということになってしまいがち・・・かと。

仮に、そうなりそうな場合は・・ 《副業ワーカー》 として、フリーランス市場などでコツコツと頑張って実績を積み上げていく方法も。
そうすれば、また別のチャンスに巡り合う可能性も広がってくるかと思います。

無料プログラミングスクール同士の比較:なぜ無料かのモデルの違いについて

2020年のイマ現在、
《無料プログラミングスクール界をリードしている主要スクール》 としては、以下の2つのスクールが高名です。

  1. GEEK JOB キャンプ
    【完全無料】未経験から最短22日でプログラマーへ転職できる
  2. プログラマカレッジ
    【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポート

“2大スクール” と言って過言でないその2校を比較する際、非常に重要なポイントと考えられるのは以下の点になります。

授業料を “無料”
とするための
ビジネスモデルの違い

具体的には、
同じ過程を経て発生した “成果” に対する “対価の扱い” に(大きな)違いがあります。

【成果とみなされるケース】
スクールが企業に求職者を紹介し、その求職者が当該企業に採用された場合

【成果に対する対価の扱い】

  1. GEEK JOB キャンプ:企業からの『報酬』という形式
  2. プログラマカレッジ:企業からの『協賛金』という形式

この 『報酬』 と 『協賛金』 という表現は共に、両校の公式HPにて使用されている表現となります。
したがって、実際に企業からスクールに、“対価が支払われる際の形式” と捉えられます。

『報酬』は、シンプルに 『成果報酬』 と捉えられます。

他方、『協賛金』という表現には、“微妙なニュアンス” が含まれていると考えられます。
というのも、
求職者を紹介したり求職者が採用されたりする件数は企業ごとに異なる訳ですので、単純に一律の協賛金を企業から受託しているとは考え難いからです。

推測するに、協賛金の金額の多寡によって、求職者を紹介する件数などにある程度の差があるのだと思われます。
また、『協賛金』という扱いであれば恐らく、『成功報酬』の金額より安価な金額が設定されていると予想されます。

『成功報酬』 と 『協賛金』

企業側からすれば、
どちらの形式が良いかについてはケースバイケースで、企業ごとに判断が異なってくると考えられます。

一方、スクール側からすると、
各担当者にとっては、案分・分配的な性格が含まれる『協賛金』という形式より、自身の成果が直接的に反映される 『成果報酬』 のほうがやはり、仕事に対する “熱量” も自然とアップしてくると思われます。

人情って、そういうものですよね

高名な2つの無料プログラミングスクールの転職支援の評判は?

なお、上述2校の無料プログラミングスクールの《転職支援の具体的な評判》については、Web上で色々と調べてみたところ、両校共に《とても高い評価》を得ていました。

ビジネスモデルは異なるスタイルを採択している両校でしたが、スクール運営会社が自校のスタッフに対して行なっている人材教育・サポートについては、共に高い次元で成功を収めているようです。

サポートを受ける側の転職・就職希望者としては、自身をサポートしてくれる担当者がスクールという組織からシッカリとしたサポートを受けていると感じられる点は、とても心強いかと思います。

『GEEK JOB キャンプ』 と 『プログラマカレッジ』

高名な2つの無料プログラミングスクールは共に、組織基盤がシッカリとしているからこそ、高い評判を得ているように感じられますが、その評価の内容については異なる性格を持っています。

両校の “転職支援の評判” を比較してみると、それぞれ以下のような傾向が感じられました。

『GEEK JOB キャンプ』の高い評判は、《熱意・熱量》 に対する評価

『プログラマカレッジ』の高い評判は、《人あたりの良さ》 に対する評価

口コミの評判は、『GEEK JOB キャンプ』 『プログラマカレッジ』 共に、高評価でした!!

【補足】
『GEEK JOB キャンプ』には、 関連記事もあります。よかったら参照ください
関連記事

プログラマー&エンジニアへの転進・未経験転職を “真剣に考えている20代の人” におすすめなのが、《無料プログラミングスクール》。(※「お金を払ってでも変わりたい!」と強く望んでいる人なら、30代でも大丈夫!です)もちろ[…]

転職後が不安なら・・『GEEK JOB キャンプ』 口コミ評判と実績を分析

プログラミングスクール選びには《無料体験》参加が最もおすすめ!

何かを選択する際、“評判・評価” は気になるもの。
なので、色々と調べてみることは大切なことです。

ですが、それ以上に大切なことはもちろん!

自分自身が
どのように感じるか?!

転職・未経験転職にて勤め先の企業・会社を選ぶ際にも本当は、その組織の中で実際に働いてみて、自分自身の肌で感じた雰囲気や印象を基に、最終判断をすることができれば、一番いいですよね

就活生に 《インターンシップ》 の人気がとても高いのも頷けます。

採用時の 《試用期間》 についても、求職者と企業の双方にとって、“互いの相性を確認し合うための大事な期間” として成立してくれていると・・本当はとてもありがたいのですが

残念ながら・・・現実的にはそのようには機能してなく、試用期間は企業側のみにとって、ある種のセーフティーネット的なモノ(本採用を中止する際の名目)と化しています。

例えば面接時に、

とある求職者
某企業に採用されたのですが、自分とは相性が合わなかったので、試用期間中をもって正式入社はしないことにしました

と求職者が話しをすると・・ 恐らく大方の企業の採用担当者は、良い印象は抱かないでしょう。

ある人にとっては良い会社であっても、自分にとってはそう感じられない。
逆に、自分にとっては良い勤め先であっても、他の多くの人はそうは感じていないようだぁ・・ といった、 “相性の問題” は決して珍しくないこと。

であるからこそ!
用件が大事であればあるほど、『転職』や『就職』に関する件は正にそれに該当しますが、その対象が 《自分に合うかどうか?》 を実際に確かめられるチャンスを

活かさない手はない!

はずです。

プログラミングスクールを選び際に、《無料体験》に参加することを “最もおすすめ” するのは、口コミの評判や他者の評価では決して分からない、“自分とスクールの相性を肌で実感できるから” に他なりません。

当記事の冒頭であげたように

とあるプログラマー志望者
プログラミングってなんか難しそう・・・
文系の私にできるかなぁ?

と “不安” を感じていたり

とある第二新卒者
将来のことを考えると・・
AIに使われる側でなくAIを使う側へいかないと、マズいことになるのでは・・・?

といった類の “危機感” を抱いていたとしたら

この先の世の中で間違いなく鍵を握る存在となる 『プログラミング業界』 に通じるルートの “雰囲気や空気感を自分の肌で直に触れておく” ことは、決して無駄になることがない貴重な機会となるでしょう。
(実際に無料プログラミングスクールに入学するかどうかは別としても)

『GEEK JOB キャンプ』の
《無料体験・説明会》
申し込みはこちら より

《無料体験・説明会》申し込み

 

『プログラマカレッジ』の
《簡単30秒登録》
申し込みはこちら より

独学は難しい・・・プログラミングはマンツーマン or グループレッスンで学ぶ
【完全無料のプログラミング&就活塾】



転職・未経験転職で悩んでいる20代の方に向け、プログラマー&エンジニアへの転進を図る《プログラミング業界への転職》をおすすめするその理由について、ご案内してきました。

そしてその結論は、 以下でした。

GEEK JOB キャンプ』,『プログラマカレッジ』を筆頭に、プログラミング経験なしでの未経験転職を《なんと無料!》でサポートとするビジネスモデルを有する無料プログラミングスクールがあるから!!

当記事が、この先の世の中の動向に危機感を抱き『転職』を検討している、そんな《 貴方アナタ&貴女あなた 》の参考になることを、願っています。