転職後が不安なら・・『GEEK JOB キャンプ』 口コミ評判と実績を分析

プログラマー&エンジニアへの転進・未経験転職を “真剣に考えている20代の人” におすすめなのが、《無料プログラミングスクール》
(※「お金を払ってでも変わりたい!」と強く望んでいる人なら、30代でも大丈夫!です)

もちろん、プログラミングスクールの中には優れた実績を持つ有料スクールも数多くあります。

それでも!!
有料スクールではなく《無料プログラミングスクール》を、未経験転職を “真剣に考えている20代の人” におすすめする理由は、ビジネスモデルの違い

無料プログラミングスクールは、収益を受講生からではなく、“成功報酬や協賛金” という形式で《企業から得ている》ので、自校が企業に紹介する《受講生のレベルに対する責任感の重み》が異なります。
だからこそ!
《無料プログラミングスクール》は施策の “ブラッシュアップ” を欠かすことがありません。

“よりシビアな条件” は ⇒《より上質なカリキュラム&より親身で真摯な転職支援サポート》の提供へとつながります。

無料で上質でより親身&真摯

いいこと尽くめの無料プログラミングスクールですが、その中でも、《無料プログラミングスクール界をリードしている主要スクール》 としては高名なスクールが2校あります。

当記事ではその内の1校、『GEEK JOB キャンプ』をご紹介します。

 

とあるプログラマー志望者
プログラミングの学習や転職活動も心配だけど・・それ以上に心配なのは、実際に転職できた後の自分の仕事ぶり・・・

と、“不安” をかなり感じていたり、

とある第二新卒者
将来のことを考えると・・
AIに使われる側でなくAIを使う側へいかないと、マズいことになるのでは・・・?

と、“強い危機感” を抱いている人にこそ、

『GEEK JOB キャンプ』はおすすめ!! です。

【補足】
《無料プログラミングスクール》のビジネスモデルなどについては、以下の関連記事により詳しい内容があります。よかったら、そちらの記事もぜひ参照ください
関連記事

未経験の業種・業界へと転職する『未経験転職』は、何かと不安がつきまとうものですよね・・特に、全く畑違いの分野や高度な専門知識が必要なように思われる業界への転職を考えている場合は、なお更のこと。これから先の世の中、《プログラミ[…]

20代の未経験転職&副業におすすめ!『無料』プログラミングスクール

『GEEK JOBキャンプ』の口コミ評判と転職実績等を比較分析

まずは、気になる『GEEK JOB キャンプ』の主だった実績を確認してみましょう。

  1. 『GEEK JOB キャンプ』の参加者の71.6%はパソコン初心者からスタート(当然、文系がほとんど)
  2. 『GEEK JOB キャンプ』の転職成功率は95.1%!!
    ★2016年のサービス開始から200人以上の転職実績があり
  3. 『GEEK JOB キャンプ』の現在の参加者の2割は女性(比率は増加中)

1)のような参加者(=受講者)構成において、2)のような高い転職実績があるというのは驚異的!ですね。

この高い《転職成功率》には、”ブラッシュアップ” を続けているプログラミングカリキュラムと転職支援サポートにより、『GEEK JOB キャンプ』が紹介先企業群から “絶大な信頼と期待を得ている” という実績の反映が見て取れます。
よく言われるように、「数字は嘘をつかない」ので。

一方の《 口コミの評判》はどうでしょうか?
多くの方が既に色々と調べて感じているかと思いますが、口コミの評判も “とても高評価!” です。

それでも時折、批判的な口コミを目にすることはあります。
ですが、実績値という数字とは異なり、口コミの評価はあくまでも個人の主観によるものなのである程度のバラつきがあるのは当然なこと。

転職成功率の実績値のように、高評価の口コミ率が「95%以上!」、なんてことがあったら不自然ですよね。

口コミの場合、着目すべき点は “その中身”。

で、その中身ですが・・
『GEEK JOB キャンプ』に対してあまり好意的でない口コミ評価の多くは、「厳しい・・・」的なものである、という特徴がみられます。

ところで・・ それってデメリットなのでしょうか?

「嘘をつかない」転職成功率・実績値という数字と比較して考えてみると、それはむしろ、《メリットである》という真実がみえてくると思います。

というのも、“不安” を乗り越えられる “自信” を自身に与えてくれるのは、《ハードワークをこなしてきた》という実感であることが多いからです

あなたは、ラグビー日本代表タイプ? or 大坂なおみ選手タイプ?

ところで・・
あなたは、『ラグビー日本代表タイプ』でしょうか? それとも『大坂なおみ選手タイプ』?

ご存知の通り、『ラグビー日本代表』が昨年・2019年のW杯で好戦績を残せた理由は、代表合宿での《ハードワーク》にあります。

体格に劣るという “不安” を払拭することができたのは、「他のどの国・地域の代表にも負けないと自負する《ハードワーク》をこなしてきたという “自信” があったからこそ」というのは有名な逸話。
当記事の冒頭で、
転職後の自身の仕事ぶりに “不安” を感じている人や、将来に対する “危機感” を抱えている人にこそ、

『GEEK JOB キャンプ』はおすすめ!!

と強調させてもらった理由は、正にその点にあります。

“不安” や “危機感” が強ければ強いほど、その気持を乗り越えるためにはある時期・期間に、《覚悟を決めてハードワークをこなす!!》という対策がとても有効だと思います。

その一方・・
結果という実績より、《自分らしい歩み方を優先する》という考え方もあります。

こちらもご存知の通り、女子テニスの『大坂なおみ選手』は、世界ランキングがNo.1だった当時、自身をその位置まで導いてくれたコーチと “決別する” という道を敢えて選びました。

きっと、彼女の場合は、ランキングという実績を維持することより、自分のテニスに対する向き合い方やライフスタイル・考え方と “より相性が好い” と感じるコーチをみつけようとしたのだと思います。

長い目でみた際には、目先の結果うんぬんより、自分との相性を重視したほうが後々には正解だった、ということも確かにありますので。

ラグビー日本代表スタイル ⇒ 結果重視 ⇒ 自らにハードワークを課す(=厳しさを求める)
大坂なおみ選手スタイル ⇒ ペース重視 ⇒ 自らのスタイルを優先(=相性に重きをおく)

上の2つのスタイルは、どちらが正しいか?という観点で捉えるものではありません。
『自分はどちらのタイプにより近いか?』 という観点で捉えるべき内容です。

あなたは、《どちらのタイプ》により近いですか?

『GEEK JOB キャンプ』の高い転職成功率は、《ハードワーク》の重要性が反映された結果。
そして、口コミ評判で高く評価をしている人は、《ハードワーク》の重要性や必要性を理解&重視しているタイプ。

逆に、口コミ評判であまり好意的でない評価をしている一部の人は主に、恐らく “マイペース重視派” であったと、その言葉の使い方(=「厳しい・・・」)から推察できます。

自分は、《どちらのタイプ》により近いと感じましたか?

 

とある第二新卒者
ラグビー日本代表タイプ!!

と断言できる方には、『GEEK JOB キャンプ』は、特におすすめ!!

 

とあるプログラマー志望者
どちらかというと・・大坂なおみ選手タイプかなぁ?

と思う方や、スクールと自分との 「“相性” が気になる・・」という方に、まずは『無料体験会への参加』がおすすめ
無料体験会に参加して、気になる点をシッカリ確認&自分自身で実感してから、受講判断を下しましょう。

そして!
「間違いなく大坂選手タイプ」という方にも、『無料体験会への参加』をおすすめします。

なぜなら!!
無料プログラミングスクール界をリードする『GEEK JOB キャンプ』は、常に “ブラッシュアップ” を欠かさないからです。

その証拠が、当章冒頭のリストの3番目の内容 になります。

 ❸『GEEK JOB キャンプ』の現在の参加者の2割は女性(比率は増加中)

この現在の状況から、《ハードワーク》一辺倒ではなく、「より良いスクールへのブラッシュアップ!!」に、柔軟かつ継続的に取り組んでいる真摯な姿勢が感じ取れると思いませんか?

その点を、『無料体験会への参加』を通じて確認してみてはいかがでしょうか。

《無料体験・説明会》申し込み

『GEEK JOBキャンプ』 プログラミングスクールではなく《キャンプ》という名を持つ意味

“名は体を表す”とのことわざがありますが、
『GEEK JOB キャンプ』 の特長は、正にその名前に表れている! のだと思います。

[GEEK JOB プログラミングスクール] ではなく → 『GEEK JOB キャンプ』

では、スクール名に 《キャンプ》 という言葉を選び名付けた意図を、スクールの特長から推察してみたいと思います。

《キャンプ》 という言葉を単に日本語に直訳すれば “野営” を意味しますが、ご存知のようにプロ野球のシーズン前・シーズン後の “短期集中のトレーニング期間” も、《キャンプ》 と呼ばれます。

『GEEK JOB キャンプ』 の 《キャンプ》 には、その意味、

短期集中の
トレーニング期間

の意味が込められているでしょう。

また、
プロ野球の 《キャンプ》 には、もう1つ別の大切な意味合いも含まれています。

プロ球団は通常、ホームタウンを持っています。
巨人軍なら東京、カープは広島で西武は埼玉、そしてホークスは福岡と。

ですが、
“短期集中のトレーニング期間”である 《キャンプ》 の時は、事情が全く異なります。
様々な球団が、選手を “同じ地” に送るのです。

その代表的な場所が国内では宮崎になり、そのイメージは下の図のようになります。

特別なトレーニング場所《キャンプ地》宮崎県のイメージ

宮崎という “特別なトレーニング場所《キャンプ地》” に、各球団が選手を “鍛錬のために派遣する” というイメージです。

そのイメージを、《無料プログラミングスクールと企業との関係性》 に置き換えたのが、下の図になります。

無料プログラミングスクール《GEEK JOB キャンプ》と企業の関係性のイメージ

『GEEK JOB キャンプ』という “特別なトレーニング場所《スクール)” に、
各企業が採用予定者を “プログラミング習得のために派遣する” というイメージです。

関連記事『20代の未経験転職&副業におすすめの無料プログラミングスクール』の『ハードル高い未経験転職で敢えて、プログラミング業界をおすすめする理由』の章で、その理由を 以下のように書きました。

シェアリングエコノミー的な発想やビジネスモデルが普及してきている“イマ”なら、それらの障壁をクリアするだけでなく、プラスαの付加価値までも付帯する仕組みを持つプログラミングスクールが実際に在ります。

この箇所にて伝えようとしていた 《シェリングエコノミー的な発想》 というモノは、正しく2枚目の図が示している構図のイメージになります。
※より具体的には こちらのリストのイメージ。

  1. 各企業が自社の採用候補者を、『GEEK JOB キャンプ』 という “共有(=シェア)” しているトレーニング施設(スクール)に派遣
  2. トレーニング施設(スクール)の運営資金は、施設を利用した企業がその頻度に応じて費用負担する形式にて “シェア”

なお、
宮崎のグランド施設数には当然限りがあるので、環境面が充実した施設をセ・パ両リーグの球団が優先的に利用しているのだと考えられます。

より具体的にいえば、
セ・パ両リーグの下部リーグ的な位置づけにある(知名度などの点で) “独立リーグ” の球団は、施設利用の優先順位が下がるのだと。

ズバリ!
施設を所有運営している宮崎県側からすれば、より人気のある球団に優先的に施設を貸し出しすれば、より多くの集客による観光収入の増加が見込めますので。

その点は、『GEEK JOB キャンプ』 と 『プログラマーの採用を希望する企業群』 との関係性においても、類似する点が多々あるはず。

つまり、スクールを運営している『GEEK JOB キャンプ』側からすれば、より採用力のある企業に優先的に施設を利用してもらえれば、より多くの成功報酬が見込めますので。

その具体的な構図はプロ野球のキャンプ地のケースとは異なりますが、“選ばれた優良先に優先権がある” という意味では同様。

プラス
無料プログラミングスクールのケースでは、成功報酬を高めるために、採用会社側の成長力や社員の定着率などの総合的な企業力を判定し、限りのあるスクール生という人的資産を有効に活用するため、取り引き先の企業を絞り込み&定期的に見直しも図るモデルを採択。

“シェアリングエコノミー的” といっても、どの企業に対しても広く門戸を開いているのではなく、《優良な相手先のみにメンバーシップを付与する形式=会員制》 のスタイルを採っている訳です。

その意味で、『GEEK JOB キャンプ』 の 《キャンプ》 には、

選ばれた企業のための
共有トレーニング施設

の意味も込められているのでしょう。

『GEEK JOB キャンプ』の名称にある 《キャンプ》 には、そのような想いが込められているのではないかと、推察します。
※IT業界の本場(?)アメリカで、 「コードキャンプ」というフレーズがよく使われているので、その流用的な意味も含まれていると思います。

仮に、そのイメージを当記事筆者が広げ過ぎてしまっていたとしても・・

『GEEK JOB キャンプ』の運営スタイルの特長に、以下の2点が挙げられることは確かです。

  1. 短期集中型で内容の濃い学習カリキュラム
  2. 紹介先の企業はスクール運営会社が厳選した優良企業のみ

1)の点が、上述推察の “短期集中のトレーニング期間” に相当。
2)の点が、“選ばれた企業のための共有トレーニング施設” に相当します。

以下では、この2つの大きな特長を踏まえた上で、更に具体的な “おすすめ理由” をみていきましょう。

『GEEK JOB キャンプ』おすすめ理由1:実践的な“使える”プログラミングスキルを短期間で習得可能

転職エージェントが運営しているから採用する企業側の視点で“必要なスキル”が学べる
1ヶ月後には正社員として採用されるだけのスキルと考え方が身につく

各《おすすめ理由1~3》の説明部分にて、☝このように背景色(地の色)がグレーになっている箇所は、『GEEK JOB キャンプ』運営元のスタッフの方からいただいた “確かな情報” を引用した内容となります。

上の引用部分は短い文章ながらも、『GEEK JOB キャンプ』をおすすめするポイントが凝縮されています。
その凝縮された内容を、少しばかり紐解いてみますと、 以下のようになります。

『GEEK JOB キャンプ』は、転職エージェントである【GROOVE GEAR, Inc】が運営元。

“転職エージェント” だからこそ、“取引相手先” である《採用する企業側の視点》を熟知。

採用企業側の視点=《現場のニーズ》を熟知するからこそ、“本当に必要とされているスキル” を把握。

“本当に必要とされるスキル” に焦点を絞るからこそ、実践に使えるスキルを短期間で習得可能とするカリキュラムの作成も可能。

上の内容は《プログラミングスキル》に関する説明でしたが、社会人およびプログラミング業界で通用する人材(人財)としてのヒューマンスキル的な《考え方》についてもほぼ同様。

《スキル》部分を ⇒《考え方》に置き換えてみると、そのまま当てはまります。

もう1点、引用内容をあげます。
未経験者用の課題と、現役プログラマー、インフラエンジニアからの個別指導だから理解が早く定着する

この箇所にも、重要なポイントが凝縮されています。
まずは、 キーワードを抽出してみます。

《未経験者用の課題》《現役プログラマー・インフラエンジニア》《個別指導》

単に《未経験者用の課題》というだけなら、どのスクールでも用意されているでしょう。

『GEEK JOB キャンプ』の特色は、その課題内容が “現場で本当に必要とされているスキル” を基に構築されている点。

プラス
その課題が “現場の声(=採用企業の要望)” を常に反映して、“ブラッシュアップ” され続けている点にあるでしょう。

『講師が《現役のプログラマー&インフラエンジニア》である』という点も、“実際の現場のみにある特有の感覚” を、常に取り込み&課題に落とし込み続けるための施策と推察されます。

この点は実は!!
ラグビー日本代表のスタイル』と一致するとても重要なポイントです

ご存知の方も多いと思いますが、長く低迷していたラグビー日本代表がW杯・ワールドカップで “勝てる” チームへと変貌したのは、前々回の2015年の大会から。

その2015年の大会以降とそれ以前とでは何がちがっていたのでしょうか?
違いはズバリ!
《日本代表のヘッドコーチ》です。

2015年の大会以前の日本代表のヘッドコーチは、(2007年・2011年のジョン・カーワン氏を除き)W杯の決勝トーナメントを経験したことがないメンバーでした。
また、ジョン・カーワン氏は、現役時代の晩年に日本の実業団でのプレーを経験していましたが、日本での監督業や代表の経験はありませんでした。

一方、2015年・2019年大会の日本代表のヘッドコーチを務めたエディ・ジョーンズ氏(’15年)とジェイミー・ジョセフ氏(’19年)は共に、W杯の決勝トーナメントの “実際の現場のみにある特有の感覚” を肌で体験し熟知していると同時に(その点はカーワン氏も同様ですが)、エディさんは指導者・監督として日本のトップリーグの制覇を達成していますし、ジェイミーさんは日本代表としてW杯に出場した経験を持つています。

つまり、エディ氏とジェイミー氏は共に、以下の2つの “実際の現場のみにある特有の感覚” を熟知した人材(人財)ということです。
そして、だからこそ共に、スポーツ史に残る成果をあげることができたのだと。

1つは《W杯の決勝トーナメントの現場の感覚》
1つは《日本のラグビー界のトップレベルの現場の感覚》

『GEEK JOB キャンプ』の『講師が《現役のプログラマー&インフラエンジニア》である』という点は、成果をあげるために “実際の現場のみにある特有の感覚” を熟知した人材を登用しているという点で、『 ラグビー日本代表』と同質なのだと思います。

そして、『GEEK JOB キャンプ』の《現役のプログラマー&インフラエンジニア》である講師が熟知している “現場感覚” は、以下の2つだと。

1つは《プロ(=正社員)として実務を行なう現場の感覚》
1つは《未経験者をコーチング(=先導)する現場の感覚》

もう1つのキーワードもみてみましょう。

《個別指導》は、ひとり一人の質問に対応している、という意味。

個人によって異なる疑問点を、個別指導で確実に解消しているため理解・定着が早くなる、という仕組みが構築されています。

上述の特色が活かされた実績として、以下の特長が案内されていますので引用します。

■ 特長
・平均2ヶ月、最短1ヶ月でプログラマーとして内定獲得
・受講生の8割以上がプログラミング未経験、文系がほとんど
・社会人スキルも身につくので、オフィスワークの経験がなくても安心
・手厚い転職支援(面接練習、書類添削など)
・転職成功率95.1%

『GEEK JOB キャンプ』おすすめ理由2:未経験転職でも自己PRが可能

次の『GEEK JOB キャンプ』おすすめ理由はズバリ!具体的なカリキュラム内容です。

ここでも、先に引用した こちらの視点が活かされています。

転職エージェントが運営しているから採用する企業側の視点で“必要なスキル”が学べる

採用企業側が受講者に求める具体的なスキルや考え方を一通り、受講生が自らの手と頭を実際に動かして学ぶ1つのカリキュラムに落とし込むことにより、企業側が望む経験を持つ人材を育成できる仕組みを構築しています。

そして、その一連の作成&構築経験を通じ受講生は、実際に仕事した経験がまだない《未経験転職》の状態でも “具体的な経験” を積むことができ、十分な自己PRの体験エピソードを獲得できます。

受講生にとっても、採用企業側にとっても、そして受講生を紹介するスクール側にとっても良い、正しく《三方よし》のカリキュラムです

では、そのカリキュラムについてのアナウンスを引用します。

面接の通過率がUPする”実績”を作れる

◇未経験・プログラマーコース
カリキュラムにはオリジナルのWebアプリ開発も含まれる
オリジナルのWebアプリは、1人で企画から実装までおこなう
1人でつくり上げるから、面接で話せるエピソードの幅がぐっと広がる
実際に開発したものを見せられるから面接の通過率がUPする

◇未経験・インフラエンジニアコース
実際のネットワーク機器、サーバ実機に触れる
成果物としてサーバ構築手順書を用いて面接でアピールできる
ネットワーク、サーバ実機の両方を構築に携われる
1人で作り上げるから面接で話せるエピソードの幅が広がる

 

コレだけの経験を事前に一通り積んでおけば、自信を持って面接に臨めそうですね

 

『GEEK JOB キャンプ』おすすめ理由3:30代は《学習コース》有料でもプログラミングスクールとしては安価+無料のケースも

『GEEK JOB キャンプ』は基本的に、“20代の人” を対象にして、『無料!』でのサービス提供を行なっています。

プログラミングスクールを選ぶ際、『受講料が無料!』というのはとって~も魅力的なポイントになりますが、これまで見てきたとおり『GEEK JOB キャンプ』のサービス内容は、『無料』という点を除いてもとても優れています。

そのような訳で!!
具体的なおすすめ理由の3つ目として “30代の人” 向けに、『GEEK JOB キャンプ』の《学習コース》をご案内します。
なお・・
“30代の人” でも、《受講料が無料》となるケースがちゃんと用意されていますので、ご安心ください。

『GEEK JOB キャンプ』の提供するコースを受講料の点で大別すると、以下の2つに分けられます。

  1. 受講料が無料となる《転職コース》
  2. 受講料が有料である《学習コース》

1)の《転職コース》が『GEEK JOB キャンプ』の主要サービス。
基本的に “20代の人” を対象としたコースになります。

2)の《学習コース》はオプション的な位置づけのサービス。
1)の主要サービスを利用する際の “前提条件” から外れる方を対象にしたコースとなります。

上述の “前提条件” は以下の2点。
A) スクールが紹介する企業に正社員として転職・就職する意志がある
B) 年齢が20代である

さてさて・・
『GEEK JOB キャンプ』のサービスの中ではオプション的な位置づけの《学習コース》なのですが・・ それは総合力がすこぶる高い《GEEK JOB キャンプのサービス内においては》、という制約付きの場合に限られます。

仮に、その制約を外して、他の有料スクールに《GEEK JOB キャンプの学習コース》を組み込んだとしたら・・ その場合の多くで、《GEEK JOB キャンプの学習コース》はメインの“一押し看板コース” と成り得る魅了的な特長を有しています。

その主な特長は以下の2点です。

  1. 受講料が『120,000円(税抜き)』と、プログラミングスクールの受講料としては非常に安価。
    カリキュラムの質の高さを考慮すると、そのコストパフォーマンスは圧倒的と言ってよいかと。
  2. 『GEEK JOB キャンプ』の紹介する企業に就職が決まった場合は、受講料の全額がキャッシュバック(実質無料)

以下に、当おすすめ理由に該当する箇所を、『GEEK JOB キャンプ』の公式HPのQ&Aのページから抜粋・引用しておきます。ご確認ください

Q. 年齢が30歳を超えていますが、通学は可能でしょうか?
A. 申し訳ございません、「転職コース」につきましては、基本的には20代の方を対象とさせていただいております。
ただ、一旦「学習コース(120,000円(税抜き))」にご参加いただき、その後就職支援をさせていただくことは可能です。
※もし当社がご紹介する求人で就職がきまりましたら、事前にいただいておりました学習コースの料金を全額キャッシュバックさせていただきます。(実質無料となります)

『GEEK JOB キャンプ』の就職先・転職先企業例

『GEEK JOB キャンプ』をおすすめする具体的な理由として、以上3つの点をみてきました。
そして・・
気になる就職先・転職先の実績例としては、以下の案内がありますので、引用します。

■実績
2016年のサービス開始から200名以上のIT転職を成功させております。
・転職先企業例
ヤマトシステム開発、株式会社シンク・クリエイト

もちろん、上述の内容は、教えていただいた限られた情報量の中の一部ですので、実際の企業例は多種多様に渡っています。
(※その点は、各種の口コミ内容などでも確認いただけます)

『GEEK JOB キャンプ』の就職先に客先常在の企業が多い点について

いくつかの口コミ内容を確認していきますと、『GEEK JOB キャンプ』を受講した方の中で、紹介される企業先に “客先常在型の企業” が多いことに不満を述べているケースが散見されます。

色々な希望や考えがあることに異論はないのですが・・
『GEEK JOB キャンプ』の受講生の大半が、《未経験》からの転職を希望しているという事実を鑑みますと、疑問を感じるのが正直なところ。

本来、《未経験転職》というのは、ハードルがとても高くなる転職形態です。

採用企業側の視点からすれば、業務経験者を採用したほうが、後々の指導負担が「少なくてすむであろう」と考えるのはごく当然なこと。

その点を踏まえれば・・
未経験者の採用とは、採用企業が “ある程度のリスクを承知した上で行う行為” と捉えられます。

また、そのように捉えますと、《未経験》=当該業界でのキャリアスタートの段階から、採用企業側に多くを望むことができないのは至極当然のことだと思います。

ところで・・
“客先常在” はイマヒトツな就業形態なのでしょうか?

仮に、後々《フリーランス》になることを希望しているのであれば、“客先常在” こそ、その予行練習にピッタリなのではないかと思います。

新卒でプログラミング業界に入った人に、「多種多彩なキャリアを積んだ経験値で追いつこう」と考えるのであれば、同一企業内に留まっているよりむしろ、様々な就業先において多様な方法論があることを肌で実感することのほうが遥かに有益だとも思います。

2020年フランス版のミシュランガイドが先日1月27日に発表されましたが、今回、日本人初の三ツ星シェフが誕生したそうです。
(※パリのレストラン「KEI」のオーナーシェフの小林圭さんがその人)

ご存知の通り、
料理会の人は、様々な就業先(修業先)を渡り歩いてキャリアを積んでいきます。

プログラマーやシステムエンジニアを、フランス料理のシェフと同列で語ることに「?」と疑問を感じるかもしれませんが・・
《ゼロからのリ・スタート》を改めて開始するという点に焦点を当てれば、ちょっとした安定感を望むより、リスクを負ってでもスキルアップに挑んでいく道を選択した人の歩みを参考にするほうがむしろ、後の自分にとって有益となる可能性が大きいのではないでしょうか。

【まとめ】転職後を見据えれば『GEEK JOB キャンプ』&口コミ評判と実際の差は《無料体験で確認》がおすすめ

当記事は、プログラマー&エンジニアへの転進・未経験転職を “真剣に考えている20代の人” に向けての内容でした。(条件付きで30代の人でもOK!)

“おすすめ” は《無料プログラミングスクール》で、その理由は《ビジネスモデル》にあり。

そのビジネスモデル・仕組みがもたらす効果を有料スクールと比較した内容を次のようにまとめました。

無料で上質でより親身&真摯

ということで、いいこと尽くめなのが『無料プログラミングスクール』。

中でも、《無料プログラミングスクール界をリードしている主要スクール》 としては高名なスクールが2校あり、当記事ではその内の1校、『GEEK JOB キャンプ』を紹介。

『GEEK JOB キャンプ』は、特に以下のような方におすすめでした。
1)転職後について “不安感” を強く感じている人
2)将来に対して強い “危機感” を抱いている人

『GEEK JOB キャンプ』の主だった実績は以下の3点。

  1. 『GEEK JOB キャンプ』の参加者の71.6%はパソコン初心者からスタート(当然、文系がほとんど)
  2. 『GEEK JOB キャンプ』の転職成功率は95.1%!!
    ★2016年のサービス開始から200人以上の転職実績があり
  3. 『GEEK JOB キャンプ』の現在の参加者の2割は女性(比率は増加中)

それらの実績と口コミ評判を比較して分析した結果は以下でした。

「厳しい・・・」という一見マイナス的な評価は、実は長所の裏返し。
厳しさ=ハードワークと捉えると、その点こそが、不安感&危機感を払拭する鍵となる。

☝この点を自己検討するモデルとしての問いかけが☟以下でした。

「あなたは、ラグビー日本代表タイプ? or 大坂なおみ選手タイプ?」

《ラグビー日本代表タイプ》は、『GEEK JOB キャンプ』がピッタリ。

迷っている方や《大坂なおみ選手タイプ》の方には、『無料体験会への参加』をおすすめしました。

《無料体験・説明会》申し込み

次いで、
『GEEK JOBキャンプ』がプログラミングスクールではなく《キャンプ》という名を持つ意味から、その特長を図を用いながら述べました。

その図は以下。

テキスト特別なトレーニング場所《キャンプ地》宮崎県のイメージ
テキスト無料プログラミングスクール《GEEK JOB キャンプ》と企業の関係性のイメージ

主なポイントは以下でした。

  1. 短期集中型で内容の濃い学習カリキュラム
  2. 紹介先の企業はスクール運営会社が厳選した優良企業のみ

この2つの大きな特長を踏まえた上で、案内した更に具体的な “おすすめ理由” は以下の3点でした。

『GEEK JOB キャンプ』おすすめ理由 

その1:実践的な “使える” プログラミングスキルを短期間で習得可能

その特色が活かされた実績としての特長が以下の点でした。

■特長
・平均2ヶ月、最短1ヶ月でプログラマーとして内定獲得
・受講生の8割以上がプログラミング未経験、文系がほとんど
・社会人スキルも身につくので、オフィスワークの経験がなくても安心
・手厚い転職支援(面接練習、書類添削など)
・転職成功率95.1%

『講師(=コーチ・メンター)が《現役のプログラマー&インフラエンジニア》である』点も、重要なポイントでした。

その2:未経験転職でも自己PRが可能

ポイントは、実際の実務に基づくカリキュラム構成により、受講生が実際に仕事した経験がまだない《未経験転職》の状態でも “具体的な経験(一通りの擬似業務経験)” を積むことができ、十分な自己PRの体験エピソードを獲得できる点。

その3:30代は《学習コース》有料でもプログラミングスクールとしては安価+無料のケースも

その主な特長は以下の2点でした。

  1. 受講料が『120,000円(税抜き)』と、プログラミングスクールの受講料としては非常に安価。
    カリキュラムの質の高さを考慮すると、そのコストパフォーマンスは圧倒的と言ってよいかと。
  2. 『GEEK JOB キャンプ』の紹介する企業に就職が決まった場合は、受講料の全額がキャッシュバック(実質無料)

そして、『GEEK JOB キャンプ』の就職先・転職先企業例の一部も紹介。
“客先常在” は、《未経験転職》をする人にとってはメリット&チャンスと捉えられることを提案しました。

最後に、【まとめ の まとめ】をもう一度。

プログラマー&エンジニアへの《未経験転職》なら、《無料プログラミングスクール》がおすすめ。

☝この点については、☟以下の関連記事もぜひ参考ください。

関連記事

未経験の業種・業界へと転職する『未経験転職』は、何かと不安がつきまとうものですよね・・特に、全く畑違いの分野や高度な専門知識が必要なように思われる業界への転職を考えている場合は、なお更のこと。これから先の世の中、《プログラミ[…]

20代の未経験転職&副業におすすめ!『無料』プログラミングスクール

なかでも特に!
転職後や将来について、不安感や危機感を感じている人には(こそ)、『GEEK JOB キャンプ』がおすすめ!!


 
『GEEK JOB キャンプ』と自分との相性など、気になる点がある場合は、まずは『無料体験』に参加して、実際の受講現場の雰囲気を確かめてみるのがベスト!!

《無料体験・説明会》申し込み

当記事が、無料プログラミングスクール選びで迷われている方や、《未経験転職》を検討している方のお役に立てると幸いです。

もう一言。
当ブログの主テーマは『副業』ですが、『副業』でプログラミングの習得を検討している方にも、『GEEK JOB キャンプ』の『学習コース』はおすすめです。