【純文系向け】GEEK JOBの『プレミアム転職コース』とは

GEEK JOB といえば、《2大無料プログラミングスクールの1つ》 として高名ですが、そのGEEK JOB がコロナ禍を機に満を持して(?)スタートした “有料コース” が、当記事で案内 & おすすめする 『プレミアム転職コース』 。

とある女子
プログラミングの仕事って興味はあるけど・・ 理数系って苦手だったんだよね・・・

という方や、

とある男子
IT業界に転職したいけど・・
自分はバリバリの体育会系だったからIT系の会社に馴染めるかなぁ・・・?

といった方など、

「自分は文系純度が高い」 との自覚がある & 強い人にこそ・・おすすめしたいのが、GEEK JOB の『プレミアム転職コース』 です。

“文系純度が高い=理系人材の割合が高い仕事や業界への不安感が強い人” と想定をしたうえで、プラス、「IT業界への憧れもかなりある!」 という人にこそ・・、おすすめの理由をご確認ください。

GEEK JOB『プレミアム転職コース』は未経験転職に不安感が強い人にこそおすすめ

結論から言いますと
転職サポート付きのプログラミングスクールは色々とありますが・・
数ある中で、GEEK JOB の『プレミアム転職コース』を紹介し、
プラス
プログラミング業界・IT業界といった理系的な業界への未経験転職を目指す文系純度の高い人に “特におすすめ” する理由は主に以下の3点からです。

  1. スクールの体質そのものがIT系度激高な点
  2. 受講料のコスパが高い(受講料が他校より安価)
  3. 受講期間が短めで◎

さて・・
2)と3)の点については、他のブログなどでも同様の案内をご覧になった方もいるかと思います。

ということで
1)の点が当ブログ独自の “おすすめポイント” かと思います。

なぜ、独自のオリジナル(?) “おすすめポイント” があるかというと
当記事著者フクロー
文系純度高めだった自分の実体験があるからです

 

そう
実際に、《IT業界への未経験転職》 をした、体験に基づく観点となっている点がポイントです。

当記事著者フクローの場合は、小売・サービス業から → IT・プログラミング業界への未経験転職でした。

転職当初は・・

当記事著者フクロー
なんだぁ?この人達ってもしかしたら異性人?

と、多数派のプログラマーの人達とのコミュニケーションにとても困惑したものでした

《プログラミング的思考》 といえば、これからのAI時代の必須思考法と言われ、プログラミング教育先進国に遅ればせながら2020年度から小学校で必修化されることに伴い、近年大注目の問題解決型の思考法。

【補足】
プログラミング教育先進国での必修化の例 :  英国では2013年、フィンランドでは2016年より

文系度の高い人間の発想からしますと、この 《プログラミング的思考》 とは、“仕事をする際に用いる思考法” なのですが・・

プログラマーの人達って違うんです・・
もう普段の生活・行動の全てが、「プログラミング的思考によって成されている」、という感じだったりするんですよね、良くも悪くも。

「相手(=お客様)の気持ちおもんぱかり、時には損をしてまでも期待に応えていく」 ということを善しとしていたサービス業経験者の習性(?)からすると、常にデータや数値や合理性を優先するプログラミング・ITの業界は、転職当初、「???」と思うことが多々ありました。

フクロー
何でそんなにクールなの~~~

と。

ということで・・
文系濃度(?)が濃い業界・業種から、IT業界・プログラミング業種へと転職をする場合は、プログラミングのスキルや知識は勿論大事なものの、その他にも考えておくべき “大切な点がある” と、経験上感じます。

文系純度が高いと自覚している人にとっての “大切な点” とは以下だと。

理系人材が中心という 《IT業界特有の雰囲気》 に自分が馴染むことができるかどうか?

その点を考慮しますと、

GEEK JOB がおすすめ!

となる訳です。

GEEK JOB とは

なぜ、GEEK JOB がおすすめなのか?
GEEK JOB には以下のような特長があるからです。

  1. GEEK JOB の沿革(運営歴)が非常にIT業界的
  2. ソフトウェア開発などを手掛ける上場会社の(株)Sun Asterisk 社と資本業務提携
  3. GEEK JOB の運営元は転職エージェント

GEEK JOB は、《転職支援付きのプログラミングスクール》 としては後発組で、サービスの開始は2016年。

その2年後の2018年からは一気に知名度をあげ、今(2020年現在)では既に、《2大無料プログラミングスクールの1つ》 として有名な存在、となっています。

このスピード感、スゴイですよね!
(他業界と比較すると)
《 THE IT業界》 という感じのダイナミックさです。

講師・メンターが、“現役のエンジニア・プログラマー” という点も、GEEK JOB の売りの1つですが、講師陣に限らず 『 GEEK JOB 』 という組織そのものが、IT業界体質を体現している点が特長 & ポイントです。

その特長は、今年・2020年7月にスタートした新コース 『プレミアム転職コース』 にもダイレクトに反映されています。

新型コロナウイルス感染拡大への対応という、やむを得ない事情があったとはいえ・・・

《無料プログラミングスクール》 という点を(その点こそを)、スクールのメインコンセプトとしていたにも関わらず、単に「オンラインにも対応しました」というお手軽な対応に終わることなく、「このコロナ禍を逆手に取ってしまおう!」と考えたのごとく、大胆に 『有料化』 を打ち出してきたのです。
(従来同様、『無料』のコースもあります)

この臨機応変な柔軟な姿勢こそ、ドッグイヤーと呼ばれ他業界とは比較にならないスピード感でダイナミックに変化をし続けている 《IT業界特有の体質》 を正しく体現!! しています。

他のプログラミングスクールとの違いこそが GEEK JOB の特長

GEEK JOBプログラミングコース-個別指導

他方、一般的にスクール=学校運営の業界といえば “教育業界” となるわけですので、まぁバリバリの文系体質とてよいのかと思います。

一般論として、スクール(=専門学校)が “文系体質” であることは、懇切丁寧な対応が期待できるという点で受講生にとってはメリット・魅了を感じる点であります。

ですが・・
反面、その点にこそ “落とし穴” が潜んでいるとも言えます。

文系純度が標準 or 標準以下で、

とある標準タイプの人
元々理系の人達とも普通に接していたから、IT業界にも特に不安を感じることはないかなぁ?

という人であれば、GEEK JOB でなく他のプログラミングスクールを選んでも特に問題はないかと思います。

ですが・・・
文系純度の高い人が懇切丁寧な文系的指導のみを受けた場合は、文系から理系への体質変換が成されずに純度の高い文系体質が残った状態のままで、理系純度の高いIT業界へ転職をしてしまうことになります。

“理系免疫(?)” が全くない状態のまま “IT業界へ転職” をしてしまうと転職後に、

ある文系純度高いタイプの人
やっぱり馴染めない・・・

という痛い目に合ってしまう危険性がかなり高くなってしまうのではないでしょうか?

誤解を招くことがないよう、予め強調しておきますが!
プログラミングスクールとしてのGEEK JOB の口コミの評判は、とても高いです

ですが、少数派の中に以下のような意見があるのも事実です。

とある少数派の人
厳しい・・・

と。

自らのIT業界への未経験転職時の第一印象と重ね合わせてみますと、この「厳しい・・・」 という印象こそが、“理系免疫(?)” の欠如とつながっている & いたのだと感じます。

「厳しい・・・」 というか、「とてもクール」に感じてしまうんですよね。
理系人材独特の雰囲気に慣れていないと。

つまり、「厳しい・・・」 という印象を抱いた方は、《文系純度がかなり高い》 方、であったのだと。

でも・・
免疫のないままイキナリ IT業界に入ってしまった個人的な経験からしますと(ホント、とっても戸惑いました )、この「厳しい・・・」とつぶやいた方は、実際に転職をする前に 《 IT業界特有の空気感 》 に触れることが出来ていたので

(転職後のことを考えると)

フクロー
結果的によかったんじゃない?!

と、シミジミ感じます。

【補足】
最初は、《 IT業界特有の空気感 》 に戸惑いを感じたものでしたが、慣れた今となっては逆に、以下のようにすら感じています。
“同調&序列圧力” がやたらと強い文系(=体育系)体質の多くの業界より、フラット(でクール)な体質のIT業界のほうが、無駄な気遣い(ex. 根回しとか)が不要になるため、「働きやすいんじゃないかなぁ~」と。
(個人的な印象についての補足でした)

プレミアム転職コースはオンライン

ところで ・・
従来(コロナ禍以前は)、GEEK JOB は “オフライン” での運営にコダワリを持っていました。

“オフライン” でこそ、「 《 IT業界特有の空気感 》 に直に触れてもらえる」 と考えていた親心もあったのではないかと。

ところが
『プレミアム転職コース』は “オンライン” での運営になっています

シビアな現実へのキビンな対応 (コロナ禍に対するオンライン化)。

先でも触れましたが、コダわってきたコトに対しても、「いざ!イマこそ!」という時には躊躇をせずに行動をするこのダイナミックさ・スピード感!!

この 《 THE IT業界》 という GEEK JOB がまとっている空気感は、たとえ “オンライン” でも、カクジツ・・・・に伝わってくるでしょう。

 

「大切なことは、目に見えないからね」

この台詞せいふ、サン=テグジュペリの『星の王子さま』に出てくる名言として有名ですよね。
(キツネが王子さまに言った台詞です)

文系純度の高い人にとっては!
GEEK JOB がまとっている 《 THE IT業界》 的な空気感は正しく!!

転職後に立ち現れる最初の障壁(=IT業界・プログラミング業界の雰囲気に馴染めるかどうか)を乗り越えていこうとする際に、免疫系に働きかけるワクチンのような、《目に見えない大切なこと》 の役割を担ってくれることと思います。

【補足】
コロナ禍以前、GEEK JOB は “オフラインでの運営” にこだわっていたのですが、当記事筆者フクローはその時分に、 以下のようなちょっと予言めいた(?)ことを書いていました。
今後、《テレワーク》という働き方が普及し、ごく当たり前の業務風景となってくるようであれば、話はまた変わってくるとは思います。
しかしながら・・
他の業種よりは遥かにテレワークに適していると考えられるプログラミング業界においても、現在はまだまだ、オフィスに出勤するスタイルが主流。
無料プログラミングスクール界をリードしている主要スクールが、積極的にオンラインのスタイルをも取り入れていくタイミングは、企業の勤務スタイルが変化するタイミングと一致するのでしょう。
《テレワーク》の普及が、新型コロナウイルスの感染拡大により進むことになった現実には驚かされましたが・・
GEEK JOB がオンラインのスタイルを取り入れるタイミングは予想どおりではありました。
というか正直・・
予想以上にスピーディーで、「さすが!」と思わせられました

★上述の内容を含む、新コース導入以前の GEEK JOB の運営状況などの情報に関しては、以下の関連記事も参照ください。

関連記事

未経験の業種・業界へと転職する『未経験転職』は、何かと不安がつきまとうものですよね・・特に、全く畑違いの分野や高度な専門知識が必要なように思われる業界への転職を考えている場合は、なお更のこと。これから先の世の中、《プログラミ[…]

20代の未経験転職&副業におすすめ!『無料』プログラミングスクール

ここまでは、
上述 【GEEK JOB の特長】 のリストの、1)の点についてみてきました。

(※【GEEK JOB の特長】のリストを以下に再掲載しておきます)
【GEEK JOB の特長】

  1. GEEK JOB の沿革(運営歴)が非常にIT業界的
  2. ソフトウェア開発などを手掛ける上場会社の(株)Sun Asterisk 社と資本業務提携
  3. GEEK JOB の運営元は転職エージェント

この 1)の “IT業界的” という点は、《雰囲気や空気感》 といった「目に見えない(だからこそ大事な)点」に関しての内容でした。

次に、
「目に見える特長」(=具体的な事実として確認が可能な特長)である、2)と3)の点についてもみていきましょう。

GEEK JOB はソフトウェア開発大手のグループ会社

GEEK JOB は、ソフトウェア開発などを手掛ける上場会社(東証マザーズ)の 『株式会社Sun Asterisk(サン アスタリスク)』 と、2019年2月に資本業務提携をしています。

実際にプログラミングを駆使してシステム・ソフトウェアを開発している企業(しかもマザーズ上場企業!)のグループ企業であるという点は、(上述の)GEEK JOB の 《IT業界体質》 の更なる強化に大いに貢献していること思われます。

そもそも
(株)Sun Asterisk 社が数あるプログラミングスクールの中から、資本業務提携先として 「GEEK JOB を選んだ」 という事実が、《即戦力=プログラマーの育成力に対する GEEK JOB のIT業界内で評価の高さ》 を、如実に物語っています。

そして
GEEK JOB の受講生は、Sun Asterisk 社がIT業界内に持つ “幅広いネットワークの恩恵を受けることができる” という利点も、とても有益 & 魅力的なポイントです

GEEK JOB 運営元の グルーヴ・ギア は転職エージェント

GEEK JOB 運営元の 『グルーヴ・ギア株式会社』 は、《転職エージェント企業》 です。

転職エージェントはその業務の特性上、様々な業界ごとのニーズや特徴を、熟知しています。

クライアントをよく知るからこそ
プログラミングスクールの運営に当たっては、現役のエンジニア・プログラマーを講師・メンターとして配置するなど、“IT業界の職場の雰囲気・空気感” を “スクールの現場” でも感じ取れるような施策・工夫を随所に落とし込む & 反映させることに、成功しているのだと思います。

そして
GEEK JOB の受講生は、スクール運営元が採用企業側の心理を知り尽くした転職エージェントだからこそ、《徹底した採用者目線》 での転職支援・サポートを受けることができるのです。

当章 『GEEK JOB とは』 ではここまで、以下の点にポイントを定めて案内をしてきました。

  • おすすめ対象者:「文系純度が高い」との自覚がある人
  • キーフレーズ  :大切なことは目に見えない

第一次産業から第三次産業まで。
IT業界を含め、当記事筆者フクローはこれまで多種多様な業界・業種への転職&就業の経験を積んできています。
ですので・・
(近年は変わりつつあるものの)長く “終身雇用” が前提であった日本国内の就職状況・労働環境においては、ちょっと人とは違う異端のルートを歩んできた訳で、ある意味 “希少な経験を持つ身” との自覚もあります。

その希少な経験を通じて学んできたことの1つに、以下の経験則があります。

(能力やスキルとは別に)
業界や会社との
“相性”は確実にある

以前話題になった、こんなタイトルの本もありましたね。
『 仕事は人間関係が9割 』

そうなのです。
様々な業種・業界ごとに、そこに集まっている・属している 《人のタイプ》 というものが、確実・・にあるんですね、やはり。

そして、だからこそ
“相性” という、なかなか超え難い問題も、生じてきてしまうのです。

この点って・・
実は、「誰もが感じている」ものでもあるとは思うのですが、その反面、この点が語られることは意外と少ないようにも感じられます。

その理由はきっと、この点を可視化したり言語化して共通化することが難しいからなのだと思います。
“相性” の問題って、あくまでも個人ひとり一人の感じ方ですから。

《大切なことは目に見えない》
この言葉が『名言』と言われるのも納得です。

そんな訳で、こと “相性” については、具体的な案内をすることはできないのですが・・・

その代わり・・
実際に 「自分自身で感じてみる」 という、最も確度の高い方法があります。

「自分は文系純度が高い」という自覚がある人
未経験転職に不安感が強い人
などなど

IT業界・プログラミング業界への転職を考えているけど、同時に「色々と不安も感じる・・・」という方は、例えば、口コミなどのように十人十色ひとそれぞれに感じ方の異なる意見を参考にして(し過ぎて)思い悩んだりするよりは・・

まずは 「自分自身がどう感じるであろうか?」 を実際に “行動して、確かめてみる” ということが、何よりも大切なことなのではないでしょうか?

“相性” は、自分自身が感じるものですので。
(たまに、「どうみても相性悪いよね~」と周りが皆思っていても、本人だけが気づいていない場合もありますけどね

目に見えない大切なことを、まずは、 「感じてみる」ことを、おすすめします

無料のキャリア相談の申し込みへ

プレミアム転職コースの特長:他のプログラミングスクールとの比較

ここまでは、当記事の冒頭で案内をした以下の3点のうち、1)の点について案内をしてきました。

プログラミング業界・IT業界といった理系的な業界への未経験転職を目指す文系純度の高い人に “特におすすめ” する理由は主に以下の3点からです。

  1. スクールの体質そのものがIT系度激高な点
  2. 受講料のコスパが高い(受講料が他校より安価)
  3. 受講期間が短めで◎

1)の『体質』は、《目に見えないけど大切なもの》 でした。
次に、具体的な数字として “目に見える点” を比較してみましょう。

内容を読み解いてもらう際のポイントは、《文系純度の高い人に “特におすすめ” 》 をしている点です。
その点を意識しながら、読み進めてもらえると幸いです

受講料について

まずは2)の点、受講料について。
GEEK JOB のプレミアム転職コースの受講料と他のプログラミングスクールの同等のコースの受講料を比較するため、ここでは 《転職支援付きの有料プログラミングスクール》 の中で “定評のある” 2つのスクールと比較をしてみます。

具体的な受講料の違いは、以下となります。
(※金額はいずれも税抜き金額)

 

スクール名GEEK JOBプレミアム転職コースDMM WEBCAMPテックキャンプエンジニア転職
受講料398,000円628,000円648,000円
転職保障ありありあり

ご覧のとおり、数字上の金額にはかなりの差があります。

なお、GEEK JOB プレミアム転職コースは、他校の同等コースと比較するとかなりリーズナブルな金額ではありますが、それでも “高額” であることは変わりません。

ですが、その点については、【転職保障サービス】 がありますので、まずはご安心を。

【転職保障サービス】 の具体的な内容は以下です。

6ヶ月以内に転職が決まらなかった場合は、受講料を全額返金!

※なお、「32歳以下の方限定」や「面談を無断でキャンセルしたことがない」などの諸条件がいくつかありますので、その点はご注意ください。
(上記条件は『GEEK JOB プレミアム転職コース』の場合。条件は各校ごとに異なります)

 

受講期間について

次に、3)の受講期間を確認してみましょう。
こちらも、受講料と同様の他の2つのスクールとの比較になります。

スクール名GEEK JOBプレミアム転職コースDMM WEBCAMPテックキャンプエンジニア転職
学習期間(時間)3ヶ月 (400時間)3ヶ月 (480時間)10週間 or 6ヶ月 (600時間)

先でもふれましたが、比較対象としてあげた2つの 《転職支援付きの有料プログラミングスクール》 は、共に定評のあるスクールです。

したがいまして、どちらか一方(具体的には DMM  WEBCAMP )の学習期間に不足があるという訳ではない、と考えるのが妥当です。

では、どのように捉えるのが妥当かといえば、以下の2点のようになるかと思います。

(A) プログラミング未経験者が、プログラミング業界に転職するために必要な必須スキルを身につけるために必要なミニマムの期間が、『3ヶ月』である。

(B) 必要ミニマムな期間を『3ヶ月』とした場合に、その内容にジックリと取り組みかつ、プラスαの知識・スキルも身に付ける( & その希望がある)のであれば、更に約3ヶ月の期間があると望ましい。

そして、
前者 (A) の期間の採用校が、『 GEEK JOB 』 および 『 DMM WEBCAMP
後者 (B) の期間の採用校が、『テックキャンプエンジニア転職』
と、いうことになります。

“IT系度激高体質” のGEEK JOB がミニマムな期間を採用しているのは、「いかにも、らしい」と、納得のいくところかと思います。

 GEEK JOBプレミアムコースの受講料と受講期間のコスパについて

受講料と受講期間のそれぞれを確認しましたので、次にそれらを重ね合わせて、“時間当たりの単価=受講料のコスパ(コストパフォーマンス)” を確認してみましょう。

※具体的なコスパ算出の式は、『受講料÷料学習時間数』 になります。
(小数点以下は四捨五入)

スクール名GEEK JOBプレミアム転職コースDMM WEBCAMPテックキャンプエンジニア転職
受講料398,000円628,000円648,000円
学習期間(時間)3ヶ月 (400時間)3ヶ月 (480時間)10週間 or 6ヶ月 (600時間)
時間単価995円1,308円1,080円

結果はご覧のとおり一目瞭然

1,000円台を切っているのは唯一、『GEEK JOBプレミアムコース』 のみ! という結果になっています。

ことコストパフォーマンスに関しては、受講料無料のコースを運営して名を上げてきた GEEK JOB の 独壇場の感すらありますね。

受講料・受講期間、そしてそれらを重ね合わせたコスパ率。
当章では、この3点について、他のプログラミングスクールとの比較を行ってみました。

次章ではこの3点を確認してきたうえで、
(いよいよ?)先にふれていた 以下の点についての案内をしたいと思います。

内容を読み解いてもらう際のポイントは、《文系純度の高い人に “特におすすめ” 》
をしている点です。

その点を意識しながら、読み進めてもらえると幸いです

GEEK JOBプレミアムコースをおすすめする “もう1つの理由”

前章では、他のプログラミングスクールと比較をすることで、以下の点が明確になりました。

  • GEEK JOBプレミアム転職コースの受講料はお得で、コスパが高い!
  • しかも、受講期間も短く、時間効率的にも優れている!

この上述の2点は、いわば王道的なおすすめポイントで、どんな人を対象としても “ポジティブな反応が返ってくるであろう点”、といえると思います。

ですので、当ブログとしてもストレートに、この2つの点を “おすすめポイント” として、挙げさせてもらいます。

一方、当記事は、
《文系純度の高い人に “特におすすめ” 》 するのが、『GEEK JOBプレミアム転職コース』である、というスタンスでありました。

それはつまり・・
王道的なおすすめポイントがあるうえで、それらとは異なる “もう1つのおすすめ理由もある” ということになります。

それは、具体的には次のような提言になります。

不安であるからこそ
《撤退の想定》も
予めしておくべき

「どうしても相性が合わない・・・」
と、
なってしまうケースを予め想定しておいて、残念ながらそうなってしまった際には、『止める勇気』 を持てるような選択をしておく、ということです。

この選択って、《文系純度の高い人》 にとっては「スゴク後ろ向き・・・」と感じられてしまうかもしれませんが・・

ですが
この考え方は、IT業界ではごく普通に推奨されている思考法の1つなのです。

変化の激しいIT業界においては、時間を掛けて大型投資の準備を整えて「いざスタート!」とした時には、その投資事業は既に時代遅れになりつつあり命取り・・・ などということがままあります。

そのため、そのような失敗を避けるために次のような行動指針があります。

スモールスタート & クイックアウト

小さく始め、そして仮に、上手くいかなかった場合は素早く撤退する。
(勿論、上手くいった場合 & いきそうな場合は撤退(=アウト)はしません)

繰り返しになりますが、変化の激しいいIT業界においては、そうした準備を整え想定おくことこそが “合理的” とされている訳です。

では、以下のケースを考えてみた場合はどうなるでしょうか?

文系純度の高い人は、
『どのプログラミングスクールを選ぶべきか?』

その問題を
先の投資案件と重ね合わせてみると、 以下のような喩えになってくるかと。

新規参入の障壁が高いと思われる案件へ投資をする場合、
『どのような手法を選ぶべきか?』

そう。
適正解はおのずと、『 スモールスタート & クイックアウト 』 手法の採択、となってくる筈です。

そして
その答えを得たうえで、もう一度次の質問の解答を考えた場合は・・

文系純度の高い人は、
『どのプログラミングスクールを選ぶべきか?』
その適正解も!
『スモールスタート & クイックアウト』 手法の採択、となるのではないでしょうか。

受講料がお得で、時間効率的にも優れている 《GEEK JOBプレミアムコース》 をおすすめする “もう1つの理由” は、その点にあります。